ナースマガジン ナースマガジン

ナースマガジン

ナースマガジン

第12回:データ収集:観察法①  廣町佐智子先生の看護研究の進め方

その他投稿日時-(2012-08-02)廣町 佐智子さん

第12回:データ収集:観察法①

 対象者の行動(目に見える動作、発言、態度・表情・姿勢など)を観察・記録する方法を観察法といいます。

「看護は観察から始まる」と言われるくらい、観察から得られる情報は膨大です。

ぜひ研究に取り入れていきたいものです。ここでは、観察法の利点と弱点を開設します。

Ⅰ.観察法の利点と弱点
1)利点
1対象者の「自然な」行動や反応を調べるのに適している。
2対象者に与える負担が少ない。
3言語能力が未発達な乳幼児や、障害のある対象者などにも活用できる。

2)弱点
1観察内容の解釈に、観察者の先入観や気分・体調、その場の雰囲気などが影響しやすい。
2対象者の自然な行動や反応が起こるまで待たなければならない。
3対象者のプライベートな行動までは観察できない(倫理的に問題がある)。
弱点の①は、観察者の観察が「色眼鏡」で曇りやすいことを示しています。これは、観察法の最大の欠点で、この「色眼鏡」をできるだけ無色にしていくかが重要なポイントになります。

Ⅱ.観察法の種類

 次に観察法には、対象者との関わり方によって参加観察法と非参加観察法というのがあり、どんなデータを収集したいかによって使い分けています。


1)参加観察法(看護師としての役割を果たしながら観察する方法。)

1利点:対象の行動だけでなく、行動に伴う細やかな表情やニュアンスも観察できる。行動の背景にある文脈などもリアルに情報収集できる。
2弱点:看護師である観察者の存在が対象者に影響を及ぼす。反対に看護師である観察者が対象者から影響を受けるため、観察が「色眼鏡」によって曇りやすくなる。

2)非参加観察法(ビデオカメラなどを利用して、対象者が観察されていることを意識させないように注意しながら、対象者の普段どおりの行動を観察する方法。)

1利点:対象者の普段どおりの行動を観察できる。
2弱点:対象者のプライバシーを侵害する危険性がある。また、患者の急変時や看護援助が優先される場面では倫理的に問題である。

今回は、観察法の概要を学習しました。次回はいよいよ観察法の実際です。

その他廣町 佐智子さん

廣町 佐智子さん
  • この専門家をお気に入りに追加
  • 先生のコラムを読む
日本看護研究支援センター所長・主任研究指導者 株式会社医教 看護師国家試験対策委員 臨床看護師の研究指導を得意としています。研究初心者でも目標を学会発表や雑誌投稿レベルに設定し、面接指導やメール指導で論文の完成を支援しています。 また、看護基礎教育への関心も高く、看護学生の学習支援についても日々研究・実践を重ねています。
廣町 佐智子さん

会員登録はこちらから

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト