ナースマガジン ナースマガジン

ナースマガジン

ナースマガジン

第7回 シャント狭窄が起こる原因

透析ケア投稿日時-(2015-07-28)透析看護の基本のキ!透析用語解説さん

1)強い血流によって流出上膜の内膜が肥厚する
2)シャント部を圧迫することで血流が悪くなる
3)動脈硬化によって血管が細くもろくなる
4)感染部位が完治した後に血管が狭くなる
5)頻回の穿刺で血管が荒廃する
6)急激な血圧低下
7)脱水
8)シャント肢の冷え

などが挙げられます。
また糖尿病性腎症の患者さんは動脈硬化や静脈血管炎を併発していることがあり、シャントの閉塞・狭窄を招きやすい傾向にあります。

そのほかとして、透析終了時間際の血圧低下や帰宅途中・入浴後の血圧低下によってシャント血流量の低下が起き、シャント閉塞・狭窄を起こす患者さんをしばしば見受けます。

夏場は発汗や飲水を過度に控える事によって脱水状態となり、トラブルが起こりやすくなります。

上記の原因を踏まえ、シャント狭窄を起こさないように原因ごとの対策を指導または実践することが重要となります。

参考文献 透析ケア・最新マニュアル 改訂2版 基本の技術と事故・トラブルを未然に防ぐ知識 医学芸術社
執筆ライティング :看護師 水田 みゆき

編集部オススメTOPICS! 透析ケアに関する最新情報を毎月配信 コヴィディエンメールマガジン読者募集中!!透析ケアの疑問解決!現場で活かせるQ&A・透析情報誌「Vascular Access News」

会員登録はこちらから

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト