ナースマガジン ナースマガジン

ナースマガジン

ナースマガジン

第19回 ダイアライザーの膜の種類

透析ケア投稿日時-(2016-03-14)透析看護の基本のキ!透析用語解説さん

ダイアライザーは植物由来のセルロース系膜石油由来の合成高分子膜の二種類に分類されます。 

セルロース系膜は強度が高く、小分子量(水・ナトリウム・カリウム・無機リン・尿素・アルミニウム・マグネシウム・クレアチニン・尿酸など)の除去に優れますが、低分子蛋白(β2-MG)の除去は劣ります。再生セルロースや表面改質再生セルロース、セルロースアセテートがあります。
合成高分子系膜は比較的近年に開発され、低分子蛋白の除去に優れ、補体活性や一過性の白血球減少が軽微であり生体適合性が良いとされます。

材質にはポリスルホン(PS)・ポリエーテルスルホン(PES)・ポリエステル系ポリマーアロイ(PEPA)・エチレンビニルアルコール共重合体(EVAL)・ポリメチルメタクリレート(PMMA)・ポリアクリロニトリル共重合体(PAN)があります。
合成高分子系膜は物質除去能力が高く効率よく透析が行えますが、強度に劣る面から長時間の透析に不向きという面もあります

編集部オススメTOPICS! 透析ケアに関する最新情報を毎月配信 コヴィディエンメールマガジン読者募集中!!透析ケアの疑問解決!現場で活かせるQ&A・透析情報誌「Vascular Access News」

会員登録はこちらから

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト