ナースマガジン ナースマガジン

ナースマガジン

ナースマガジン

第20回 ダイアライザーによるアナフィラキシーショック

透析ケア投稿日時-(2016-03-15)透析看護の基本のキ!透析用語解説さん

ポリスルホン(PS)膜ダイアライザーのポリスルホン素材は元来疎水性にて、ポリビニルピロリドン(PVP)をコーティングすることにより親水化させています。

プライミング時の生理食塩水ではリンスしきれなかったPVPが、血液と接触することで溶け出し体内に流入し、透析中の急激な血圧低下や血小板減少などが出現する事例が報告されています。

患者さんへのPVP流入を低減させるために十分な洗浄が有効とされ、1.0~1.5Lの生理食塩水で洗浄し、同時に透析液を350~500mL/min流して十分に洗浄します。
近年ではPVPを極限まで硬化させ、更に減量することでショックの危険性を軽減させたダイアライザーが発売されています。
しかし、PVPが少ない分、抗血栓性に劣りダイアライザー内残血を起こしやすいとされます。

安全を考慮したいろいろなダイアライザーが発売されていますが、「基本中の基本!プライミングを十分確実に行う」ことが、患者さんの安全に直結することと言えます。

編集部オススメTOPICS! 透析ケアに関する最新情報を毎月配信 コヴィディエンメールマガジン読者募集中!!透析ケアの疑問解決!現場で活かせるQ&A・透析情報誌「Vascular Access News」

会員登録はこちらから

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト