ナースマガジン ナースマガジン

ナースマガジン

ナースマガジン

第21回 透析中血圧低下のいろいろ

透析ケア投稿日時-(2016-03-16)透析看護の基本のキ!透析用語解説さん

透析中の血圧低下の原因は 
① 環血液量減少 
② 心機能の低下 
③ 末梢血管の収縮障害 
④ 体位の変化  
⑤ ドライウエイトの下げすぎ 
⑥ その他(降圧薬の薬効やダイアライザーなどによるアナフィラキシーショック)

などがあります。

透析中に最もよく見られるといってもよい症状で、その原因別に対応の仕方もさまざまとなります。
一般的に低血圧は収縮期血圧が80~100㎜Hg以下となる場合の事を指しますが、年齢や基礎疾患によってその基準が変わってきます。
外来透析は透析中の安定もさることながら帰宅後の体調管理も含まれるため、患者さんの自覚症状の有無と程度も考慮し、血圧の管理を行っていきます。

血圧低下の兆候として、生あくび・眠気・脱力感・頻脈・体熱感・悪心・嘔吐・冷汗・筋痙攣・顔面蒼白・腹痛・便意・虚脱感・息切れ・胸内苦悶・意識低下・脈が触れないなどの症状が現れます。

そのような兆候や症状が合われた場合、まずは除水速度を緩めるか一時停止・下肢挙上・補液を行い、様子観察を継続しながら以後の透析治療方針を検討していきます。

編集部オススメTOPICS! 透析ケアに関する最新情報を毎月配信 コヴィディエンメールマガジン読者募集中!!透析ケアの疑問解決!現場で活かせるQ&A・透析情報誌「Vascular Access News」

会員登録はこちらから

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト