ナースマガジン ナースマガジン

ナースマガジン

ナースマガジン

ソーシャルベンチャー企業のケアプロ株式会社インタビュー 2

その他投稿日時-(2012-06-04)ナースマガジン

新たな健康サービス事業で大きな注目を集めているソーシャルベンチャー企業のケアプロ株式会社。
代表を務めるのはなんと看護師!!
看護師の新しい活躍の場を提供している注目企業に「ナースの星」編集部が突撃インタビューを実施。
川添社長とスタッフの稲葉さんにお話を伺いました。
   (第一回はこちら

スタッフの稲葉さん

スタッフの稲葉さん

Q.パチンコ店で検診の実施とは珍しいですね?

稲葉:ケアプロの事業のなかでも特徴的な仕事だと思います。パチンコ店というと、「煙い」「うるさい」など、表面上はあまりいいイメージがないかもしれませんが、当社が行うサービスをもっとも届けたい、『検診弱者』といわれる方々と多く出会える場なんです。

全国各地のパチンコ店に出向きイベントを行うのですが、3~4店舗にお一人は、血糖値が500を超える方と出会います。おそらくこのサービスを受けていなかったら、倒れて救急車で運ばれるまで病院には行かないのでは? と思うような方がたくさんおられます。 

実は皆さん不安を感じてはいるんですが、相談できる機会もなければ、恐くてなかなか病院にも行けない現実があります。そうした方々に検診の機会を提供することは、人生の5年後や10年後を変えて差し上げられるかもしれないという大きな使命感を感じる現場ですね。このやりがいは、一度経験すると必ずハマってしまいます。

ほかにも、駅の中やスーパーの中など、多くのさまざまな場所でサービスを提供させていただいています。今日も渋谷駅の中で健康チェックのイベントを行ってきました。ほかにも、フィットネスジムや薬局など、イベントを利用した手軽な検診をこれからも多岐にわたって広げていきたいと思います。

Q.検診の際の、お客様の反応を教えて下さい。

川添:多くのお客様は、「この場で結果が出るの?」とまず驚かれますね。またお忙しい主婦の方からは「子供の検診はしても、自分自身はしていなかった。このようなサービスがあって嬉しい」という声をたくさんいただきます。

稲葉:最初私は、健康診断はみんなが一様に受けているサービスではないかと思っていたのですが、実際はまったく違いました。世の中には、「こんなにも検診を受けられない人が多くいて、こんなにも感謝をされる仕事だったのだ」と驚き、現場に携わってみて大いに感動しましたね。

川添:僕も現場に出た際には、ここは「5分で有難うといって頂ける職場」だと感じています。最初、お客様は半信半疑な方が多いのです。「えっ今測るの? ここで?」みたいな反応ですが、スタッフが「すぐに結果が分かるので、是非ご自身の数値を測ってみてください」と提案します。そして数値が要注意だったりすると、「どうすればいいの?」などとスタッフに質問を投げかけてくださいます。

今まで関心を寄せていなかった健康に対して新たな気づきが芽生え、自分のカラダに対して真剣に向き合う意識が生まれるわけです。そして、お客様とのコミュニケーションが深まっていく。そのコミュニケーションこそが、私たちのやりがいにつながっていきます。

たくさんのお客様から、その場で「ありがとう」と言っていただける。「ありがとう」が癖になる、大きな喜びが得られる仕事です。

川添社長

川添社長

Q.「健康診断難民」と言われる人たちを眼のあたりにして、どのようなことを感じますか?

川添:私は、あるお客様との大きな出会いがありました。「もう10年以上も検診を受けていない」というお客様だったのですが、その方がケアプロのサービスをきっかけに病院に行き、そこで糖尿病が見つかったのです。

ご本人は長い間検診をしていなかったことでずっと気になっていたそうで、「ケアプロのおかげで命を救ってもらえた、ありがとう」とお礼を言って頂けました。自分のやってきたことは間違っていなかったと、私にとってこの事業を起こして嬉しく感じた瞬間の一つでした。

ケアプロのサービスの対象となるのは、主に主婦の方や若者、カップルや職業をもっていない方など、既存の医療のサービスではなかなかリーチできていない方々です。既存の医療制度ではフォローしきれない方々へのアプローチが実現できていることで、当社のサービスがもつ社会的貢献度の高さを理解していただけると思います。

Q.お客様にはリピーターの方などもいるのですか?

川添:大勢おられます。ケアプロの看護師が「かかりつけナース」的な役割をご提供して、何度も検診に訪れて下さるのです。当社では結果を記入できるカードをお渡しして、日々の数値を確認できる仕組みになっているのですが、そのカードを見せてこられて「良くなってきた」と笑顔で話しかけてきてくれます。

まさに一緒に健康を考えるパートナーの役割を、ケアプロの看護師が果たしているのです。そんなお客様を目にして、これからもいっそう頑張らないといけないと思うことが多々ありますね。

第三回に続く・・・

<< 第一回はこちら

ケアプロ株式会社
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル 6階 電話:03-4588-6728(受付時間:平日10~18時)
>> http://carepro.co.jp

会員登録はこちらから

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト