専門家

専門家プロフィール

坪田 康佑さん

  • その他
坪田 康佑さん
株式会社コーチエィ コーチ  メディカルコーチング研究会

プロフィール
医療従事者向けプログラム「メディカル・コーチ・トレーニング・プログラム(MCTP)」の開発・運営・広報・効果研究など全体に関わり、コーチ資格を持つ医療従事者の方々への活用事例インタビューやコーチングに関する論文収集など、医療とコーチングの可能性を広げる活動に力を入れている。コーチとしては、医師・ナースプラクティショナー(米国)・看護師など医療従事者へのメディカルコーチングのほか、医療系ベンチャー企業経営者・訪問看護ステーション経営者・職能団体役員・研究者の方など、医療に関わる方全般を得意とする。

保有資格:看護師・保健師・養護教諭2種・MBA
経歴
慶應義塾大学看護医療学部2005年卒。米国NY州Canisius College MBA Program修了。
大学在学中から、医療の多職種連携・コラボレーションの可能性を感じ、医療・福祉系学生を集めた企画運営に携わる。代表的なものとして、「日本看護学生会」(「大学」「専門学校」など多様な教育背景がある看護資格が、お互いの教育背景を尊重できるように、日本全国の看護学生の交流の場)の設立・企画。「HAS 看護学生弁論大会」(看護学生の発表の場の提供)の企画・運営。医療系学生が交流・ディスカッションするサークル「Icube夢の病院プロジェクト」の設立・企画。国際医学生連盟・薬学生の集い・日本看護学生会など様々な医療系学生団体が一度に集う「医療系学生合同新入生歓迎会」の設立・企画。などがあげられる。大学卒業後は、専門学校にて、担任・教師として勤務。プレゼンテーション技法・機能解剖学等の授業を担当しながら、担任として生徒の進路相談等に関わる。その後、医療系ベンチャー企業に転職、医療従事者向けセミナーや医療従事者をプロデュースする企画や運営、学会・研究会のコンサルティング等に関わる。米国MBA留学後、コーチ・エィ入社。メディカルコーチング研究会の立上げに携わり、現在医療業界にコーチング普及させるべく活躍中。
  • この専門家をお気に入りに追加
  • この専門家に質問する

坪田 康佑さんのコラム

第10回 コミュニケーションに「キャッチボール」を取り入れる
(投稿日-2012/07/25)
■あなたのコミュニケーションをボールに例えると? 「あなたが普段患者さん、もしくは職場の人たちとしているコミュニケーションをボールに例えるならば、それはどのようなものになっているでしょうか?」このことをテーマに話すと、例えば「患者さんとはいい感じのキャッチボールをしているけど、職場の仲間とはドッチボールや千本ノックをしていることが多いかもしれない。」「同期には、ピンポン玉のような軽さでキャッチボ...

全てのコラムを読む

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト