専門家

専門家プロフィール

加治 亜世さん

  • その他
加治 亜世さん
株式会社うさぎ薬局 うさぎ薬局修善寺店薬局長

地域医療を志し、薬学部の門をたたき地域医療とはいかなるものかを考えていくうちに、薬学的専門性の提供こそ、地域の薬剤師の目指すべき道だと感じ、大学病院に就職。多くの処方に触れてきました。
10年の経験を経て、地元静岡で地域密着の医療の提供を目指しているうさぎ薬局の存在を知り、入職。
現在うさぎ薬局修善寺店の薬局長として、地域住民へ薬や健康食品などの理解を深めてもらうために、業務の傍ら地域講演会、子供たち向けの薬学教室などを実施しています。
今後は調剤薬局の業務も在宅の訪問薬剤指導が中心になっていくと考えられ、是非医師・看護師・薬剤師の連携を深めていきたいと考えていますので、日ごろ感じていた薬に対する疑問などを遠慮なく、質問いただければと思います。

プロフィール
東京出身
株式会社うさぎ薬局 うさぎ薬局修善寺店薬局長
経歴
2006年 日本薬剤師研修センター認定 研修認定薬剤師取得
2007年 日本薬剤師研修センター・生薬学会認定 漢方薬・生薬認定薬剤師取得
2008年 神奈川糖尿病療養指導士認定機構 神奈川糖尿病療養指導士取得
2008年 日本臨床薬理学会認定 認定CRC(臨床研究コーディネーター)取得
2008年 日本臨床栄養協会 サプリメントアドバイザー取得
2008年 日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士取得
2008年 ケアマネジャー(介護支援専門員)取得
2009年 技能認定振興協会認定 調剤事務管理士取得
2011年 日本アンチ・ドーピング機構 スポーツファーマシスト取得
2011年 (財)日本科学振興財団食品科学部会認定 サプリメントプロフェッショナル取得
  • この専門家をお気に入りに追加
  • この専門家に質問する

加治 亜世さんのQ&A

混注用注射器の使い回し
現在勤務している病院は、輸液に薬液を混注するときに、同じ薬剤であれば、同じ注射器を使用して5~6本分の輸液に混注します。以前勤めていた...
(ととさんさん 投稿日時-2014/05/24 17:20)
ご質問ありがとうございます
今回の件は実際は、1薬剤・1シリンジに越したことはありませんが、それではコスト的に現実的ではないので、一般的な見解でお答えさせていただきます。 基本的に、シリンジを変える境界線は配合変化です。 薬剤どうしの混合で配合変化がある薬剤に関しては...

(投稿日時-2014/05/27 10:34)

全てのQ&Aを見る

加治 亜世さんのコラム

薬剤コラム第6回 解熱剤の座薬の使用上の注意
(投稿日-2014/10/07)
こんにちは。薬剤師の加治です。 今回は小児病棟や小児外来の看護師さん向けで、解熱剤の座薬に関してのお話です。 私自身も小児科に受診されたお子さんのご家族に対して服薬指導を多く行っていますが、熱が高い=解熱剤の座薬という考えをお持ちの方が多い印象を受けています。 解熱剤の座薬も安易に使用することは副作用の発現や風邪を長引かせる可能性もあるため、座薬の使用の使用法・副作用・挿入のタイミングなどを...

全てのコラムを読む

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト