専門家

専門家プロフィール

塚田 真弓さん

  • 感染管理
塚田 真弓さん
東邦大学医療センター大森病院 感染管理部 ICN 感染管理認定看護師

感染管理認定看護師として東邦大学医療センター大森病院の感染管理部に専従で務めております。主な業務は、マニュアル作成・改定、サーベイランス、教育、疫学調査、コンサルテーションなど感染に関わる仕事をしております。日頃心がけている事は、「患者・職員を感染から守る」をモットーにし、現場が感染管理を習慣化できるような対策を模索しながら効果的に結果を出せるように努めています。

プロフィール
東邦大学医療センター大森病院の感染管理部は、院内感染事例数の減少と職業感染事例数の減少を目的として、平成19年度に院内感染対策委員会の実務機関として設置され、以下の院内感染対策の指針に準じて活動を行ってきました。各種耐性菌サーベイランスや院内ラウンドを行い、院内伝播、さらに感染の発症を常時監視するとともに、積極的に地域と連携し感染対策に取り組んでおります。さらに、東邦大学医学部微生物・感染症学講座と連携することで各種薬剤耐性菌の耐性機序・診断・治療・感染対策について研究し、知見を深めています。
経歴
<経歴>
1995年 看護師免許取得 帝京大学医学部付属市原病院勤務 循環器内科病棟、CCU、ICU病棟勤務
2005年  日本看護協会研修学校 卒業 感染管理認定看護師資格取得
2006年  東邦大学医療センター大森病院就職 NICU・GCU病棟勤務
2008年  東邦大学医療センター大森病院 感染管理部勤務 

<執筆・学会発表・共著(前勤務先での業績は除く) >

1 【要注意!侵襲度の高い処置の感染予防テクニックDO & DO NOT-血管内カテーテル、注射、尿道カテーテル、人工呼吸器、術後ドレーン管理-】 血管内カテーテル管理と感染予防ケア(解説/特集)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部)
Source:INFECTION CONTROL(0919-1011)21巻6号 Page570-575(2012.06)

2 抗菌薬適正使用が耐性緑膿菌検出に及ぼす影響 長期投与患者への介入、届出制の強化(会議録)
Author:平山 忍(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 坂本 真紀, 荒木 弥生, 塚田 真弓, 村上 日奈子, 松尾 和廣, 吉澤 定子, 舘田 一博

3 末梢ライン関連感染サーベイランスによる留置中の合併症の傾向と対策(会議録)
Author:森兼 啓太(山形大学医学部附属病院 感染管理部), 内田 美保, 大久保 真由美, 加藤 由紀子, 黒須 一見, 菅野 みゆき, 高橋 陽一, 多湖 ゆかり, 塚田 真弓, 橋本 丈代, 間平 珠美, 吉森 みゆき, 福島 里美, 大西 尚子
Source:日本環境感染学会誌(1882-532X)27巻Suppl. Page263(2012.01)

4 当院におけるClostridium difficileの検出状況と病態に関する検討(会議録)
Author:吉澤 定子(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 塚田 真弓, 荒木 弥生, 飯澤 若子, 村上 日奈子, 舘田 一博
Source:日本環境感染学会誌(1882-532X)27巻Suppl. Page179(2012.01)

5 救命センターにおける積極的監視培養(ASC)実施とMRSA感染防止対策の効果(会議録)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 富田 学, 吉澤 定子, 吉原 克典, 荒木 弥生, 村上 日奈子, 飯澤 若子, 舘田 一博
Source:日本環境感染学会誌(1882-532X)27巻Suppl. Page127(2012.01)

6 末梢静脈カテーテルの交換時期に関する検討(会議録)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 吉澤 定子, 荒木 弥生, 村上 日奈子, 飯澤 若子, 舘田 一博
Source:日本環境感染学会誌(1882-532X)27巻Suppl. Page85(2012.01)

7 【あなたならどう考える?症例から学ぶサーベイランス判定基準を使った判定のポイント】 症例判定 中心ライン関連血流感染サーベイランス(解説/特集)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部)
Source:INFECTION CONTROL(0919-1011)20巻11号 Page1106-1111(2011.11)

8 サーベイランスによる末梢ライン関連血流感染の現状把握(会議録)
Author:森兼 啓太, 内田 美保, 大久保 真由美, 加藤 由紀子, 黒須 一見, 菅野 みゆき, 高橋 陽一, 多湖 ゆかり, 塚田 真弓, 橋本 丈代, 間平 珠美, 吉森 みゆき, 末梢ライン関連BSIサーベイランス研究グループ
Source:日本環境感染学会総会プログラム・抄録集26回 Page302(2011.02)

9 感染防止対策加算による抗菌薬届出制と適正使用 薬剤耐性菌と抗菌薬適正使用 当院における取組について(会議録)
Author:吉澤 定子(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 坂本 真紀, 矢部 いつか, 村上 日奈子, 荒木 弥生, 塚田 真弓, 本田 なつ絵, 飯澤 若子, 舘田 一博, 山口 惠三
Source:日本環境感染学会総会プログラム・抄録集26回 Page188(2011.02)

10 血管内カテーテル関連感染に関わる新たな取り組みと課題 末梢静脈カテーテルの管理 末梢静脈カテーテルの交換時期とBSIおよび静脈炎の発生頻度の検討(会議録)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 吉澤 定子, 飯澤 若子, 村上 日奈子, 荒木 弥生, 山口 惠三
Source:日本環境感染学会総会プログラム・抄録集26回 Page161(2011.02)

11 医療従事者のワクチン接種 当院における医療従事者に対するワクチン接種への取り組み(会議録)
Author:吉澤 定子(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 塚田 真弓, 荒木 弥生, 本田 なつ絵, 飯澤 若子, 舘田 一博, 山口 惠三
Source:日本環境感染学会総会プログラム・抄録集26回 Page155(2011.02)

12 【ICTの説明力 調査・評価・インタビューに対応する能力】 ICUにおける感染管理手順をどう説明するか?(解説/特集)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部)
Source:感染対策ICTジャーナル(1881-4964)6巻2号 Page148-151(2011.04)

13 CDC/NHSNサーベイランス診断基準定義集 必ずできる!UTI、SSI、BSI、PNEUサーベイランスの実践のヒント集 サーベイランス実践のヒント VAP(ventilator-associated pneumonia) 人工呼吸器関連肺炎サーベイランス(解説)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 看護部感染管理部)
Source:INFECTION CONTROL(0919-1011)20巻2号 Page205-208(2011.02)

14 【コマ送り写真とエビデンスで完全マスター! 感染対策の必須テクニック117】 洗浄・消毒・滅菌 滅菌 過酸化水素低温ガスプラズマ滅菌(図説/特集)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部)
Source:INFECTION CONTROL(0919-1011)2010秋季増刊 Page279-281(2010.11)

15 【CDC、WHO、英国epic、オランダWIP、日本の通達…各国基準・文献に基づく臨床ですぐ使える感染対策エビデンス集+現場活用術】 さまざまな場面で役立つエビデンス ICUでの感染対策(解説/特集)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院)
Source:INFECTION CONTROL(0919-1011)2010春季増刊 Page164-166(2010.05)

16 職員を対象とした季節性インフルエンザワクチン接種の予防効果に関する検討(会議録)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 吉澤 定子, 荒木 弥生, 飯澤 若子, 村上 日奈子, 山口 惠三
Source:日本環境感染学会誌(1882-532X)25巻Suppl. Page244(2009.12)

17 閉鎖式輸液システム導入の評価 血管内留置カテーテル関連血流感染サーベイランスと経済効果(会議録)
Author:橋谷 順子(東邦大学医療センター大森病院), 塚田 真弓, 兼子 あゆみ
Source:日本新生児看護学会講演集19回 Page174-175(2009.11)

18 プリオン病二次感染予防対策に関する取り組みについて(会議録)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 島野 大, 永友 健人, 飯澤 若子, 落合 亮一
Source:医療機器学(1882-4978)79巻7号 Page535-536(2009.10)

19 プリオン病二次感染予防対策に関する取り組みについて(会議録)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 島野 大, 永友 健人, 飯澤 若子, 落合 亮一
Source:医療機器学(1882-4978)79巻4号 Page238(2009.04)

20 特定集中治療室における積極的監視培養(ASC;Active surveillance culture)の導入とその効果についての検討(会議録)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 吉澤 定子, 荒木 弥生, 飯澤 若子, 松井 さゆり, 藤井 弥生, 村上 日奈子, 吉原 克則, 落合 亮一, 山口 惠三
Source:日本環境感染学会誌(1882-532X)24巻Suppl. Page479(2009.01)

21 MRSA対策としての積極的監視培養の意義 ICUにおけるASCの導入とその評価(会議録)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部), 吉澤 定子, 荒木 弥生, 飯澤 若子, 松井 さゆり, 藤井 弥生, 村上 日奈子, 吉原 克則, 落合 亮一, 山口 惠三
Source:日本環境感染学会誌(1882-532X)24巻Suppl. Page154(2009.01)

22 【「いつもと違う!」に対応する手術創・医療器具挿入部の感染防止】 気管カニューレ挿入部位の感染防止(解説/特集)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 感染管理部)
Source:ナーシング・トゥデイ(0912-2974)23巻14号 Page33-36(2008.12)

23 【自施設に最適なサーベイランス】 サーベイランスはこう始める-悩めるICTリーダーへのアドバイス 3ステップで考えるサーベイランスの実践-導入・継続・到達点 人工呼吸器関連肺炎サーベイランス(解説/特集)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院)
Source:感染対策ICTジャーナル(1881-4964)2巻2号 Page198-204(2007.04)

24 NICUにおけるCA-BSIサーベイランスのNNIS診断基準を検討し、当院で可能な診断方法を導いた結果報告(会議録)
Author:塚田 真弓(東邦大学医療センター大森病院 看護部), 古谷 信彦, 飯澤 若子, 荒木 弥生, 岩田 守弘, 宇賀 直樹, 金澤 安子, 山口 惠三
Source:環境感染(0918-3337)22巻Suppl. Page284(2007.01)

25 GCU(新生児強化治療室)における風邪症候疑いのアウトブレイク調査・感染対策実施報告(会議録)
Author:塚田 真弓, 菊地 京子, 飯澤 若子, 荒木 弥生, 東邦大学医療センター大森病院看護部感染対策委員会
Source:環境感染(0918-3337)22巻Suppl. Page276(2007.01)
  • この専門家をお気に入りに追加
  • この専門家に質問する

塚田 真弓さんのQ&A

尿カテーテルの選択基準
手術室勤務です。術前の尿カテーテルですが、今までは16FRの閉鎖式を使用していました。当院の認定看護師より、尿道損傷の恐れと感染のリスク...
(みーちゃんさん 投稿日時-2014/10/01 10:15)
回答いたします
結果から述べますと、 閉鎖式の14FRが正式に導入が決まってから、14FRへ変更してもよろしいかと思います。 理由として、CDCのガイドラインを参照してください。 Guideline for Prevention of Catheter-associated Urinary Tract Infections 2009 - Centers ...

(投稿日時-2014/10/15 14:11)

全てのQ&Aを見る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト