専門家

四宮 聡さんのQ&A

四宮 聡さん

  • 感染管理
  • その他
四宮 聡さん
箕面市立病院 チーム医療推進部 ICT担当副部長 感染管理認定看護師

医療の高度化ともに、看護の領域でも多くの専門領域が確立され臨床現場でも活躍するようになってきました。そして、私の専門としている感染管理でも認定看護師制度が発足されて各施設で実践・活躍していることと思います。現在では、情報もインターネットやガイドライン・書籍でたくさん得ることができますが、それがかえって施設の実際と照らし合わせると混乱させることもあると思います。このQ&Aでは、教科書的なことではなく、限られた環境と資源の中でどのような感染対策を工夫して行うかについて考えながらお答えしたいと思います。どしどしご質問ください。

プロフィール
箕面市立病院 チーム医療推進部 ICT 感染管理認定看護師

所属学会・団体
・日本環境感染学会
・日本医療マネジメント学会
・日本手術医学会
・日本医療機器学会
・日本静脈経腸栄養学会
・日本看護管理学会
経歴
2001年3月   大阪府立千里看護専門学校
   4月   箕面市立病院 中央手術室
2006年     日本看護協会神戸研修センター感染管理教育課程
2007年7月    感染管理認定看護師取得
2010年     チーム医療推進部に配属 感染管理担当主任
2011年     東京医療保健大学大学院感染制御学修士課程入学
2013年     同 卒業

<2012年度の主な執筆>
エビデンスで「変わった」看護ケア 感染管理編 Expert Nurse vol28(5)2012;51-54
感染対策のすぐ使える最強ツール&らくらく活用術~ITを活用したラウンドの実例・ITを活用したサーベイランスの実例~ INFECTION CONTROL 2012春季増刊号148-153
Infection controlコンサル劇場~外科病棟でのMRSA連続検出~ INFECTION CONTROL vol21(6)2012;88-93
清潔・不潔の境界線~空気清浄度・高さ・壁・履物など、具体策を探る!~ 実践安全 手術看護vol6(3)2012;17-21
膀胱留置カテーテルの管理について
私はADL低下、長期臥床患者の多い病棟で働いており、長期間(2週間以上)閉鎖式膀胱留置カテーテルを挿入している患者が多いです。 尿閉や...
(さきかさん 投稿日時-2015/12/03 02:50)
回答者
四宮 聡さん
四宮 聡さん
箕面市立病院 チーム医療推進部 ICT担当副部長 感染管理認定看護師
回答します
早速ですが、ご質問に対する回答です。 質問者さんのご施設では尿道留置カテーテルを挿入されている患者さんが多いようですね。 1.バルンカフの対処について カフの水は一定期間で減少しますので、カフとして機能性維持から規定されている量を 維持す...

(投稿日時-2016/02/17 15:08)

詳細を読む
cvcのフラッシュの回数
Wルーメンで使わないカテーテル側は生食ロックをしています。この生食ロックの回数(頻度)に関しての質問です。当院は1回/日の割合で生食ロ...
(hiyokoさん 投稿日時-2015/11/11 19:19)
回答者
四宮 聡さん
四宮 聡さん
箕面市立病院 チーム医療推進部 ICT担当副部長 感染管理認定看護師
回答いたします
hiyokoさんのご質問はグローションカテーテルではない、一般的な中心静脈カテーテル(CVC)の場合と考えて回答致します。 カテーテルの開存性を維持するための管理方法は、様々な報告・議論がありますが、CVCの場合はヘパリン添加生食を用いるのが一般的かと思い...

(投稿日時-2015/11/19 12:03)

詳細を読む
水痘対応時の対応+α
定床116床(そのうち稼働しているのは100床)の旧重症心身障碍児者(現在は医療型障碍児入所と療養介護事業所)の病棟に勤務しています。50床...
(aliceさん 投稿日時-2015/11/11 15:41)
回答者
四宮 聡さん
四宮 聡さん
箕面市立病院 チーム医療推進部 ICT担当副部長 感染管理認定看護師
回答いたします
1.感染管理の立場から考えるとⓐと同様にⓑに居住している方たちにもゾビラックスの予防投与は必要なのでしょうか? →水痘の感染経路が、空気感染であることを考慮すると、同じ棟の方も対象とすることは妥当な判断と思います。実際には、すべての人が感染するか...

(投稿日時-2015/11/16 18:10)

詳細を読む
一時消毒廃止について
現在、器材の一時消毒後中材に出して滅菌してもらっています 不潔物、清潔なものを受け取る窓口は1つしかなく、器材をさび止めスプレーをし...
(ガイチさん 投稿日時-2015/10/17 18:45)
回答者
四宮 聡さん
四宮 聡さん
箕面市立病院 チーム医療推進部 ICT担当副部長 感染管理認定看護師
一次洗浄ではなく「消毒」をしているという理解で回答致します
・滅菌の前に洗浄は必須ですが、洗浄前に消毒するとタンパク質が固着して 効果的な洗浄の阻害要因となる(滅菌しにくくなることにつながる)という認識がまず必要です。 ですので、「しない方がよい」のではなく、「してはならない」です。 洗浄を現場でする...

(投稿日時-2015/10/22 14:29)

詳細を読む
吸引時に使用するリンス水と浸漬用水について(その2)
先日吸引後に使用するリンス水と浸漬用の水について質問させていただいたAliceです。 今回当園(重症心身障碍児者施設)の入園者が体調をく...
(aliceさん 投稿日時-2015/08/11 17:49)
回答者
四宮 聡さん
四宮 聡さん
箕面市立病院 チーム医療推進部 ICT担当副部長 感染管理認定看護師
再度のご質問ありがとうございました
以下、回答です。 質問1.消毒薬であれば、リンス水と浸漬用水は同じ容器でよいのでしょうか? →リンスと浸漬用水は別容器が望ましいです。 消毒薬なので、同じでも良いと考えるお気持ちは分かります。 しかし、リンスとして使用した容器の消毒薬は使用ごと...

(投稿日時-2015/08/11 17:52)

詳細を読む

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト