専門家

植木 博子さんのQ&A

植木 博子さん

  • 透析ケア
植木 博子さん
社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院 慢性疾患看護専門看護師

みなさんこんにちわ。腎臓病看護や透析看護について苦手意識はありませんか?
病気を多く持ちながら過ごしている患者さんへの看護でも苦労された方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、腎臓は全身に影響を与える臓器ですし、病気を抱えながら過ごしている患者さんへの理解が深まると、すごく勉強になると思います。
私自身も、たくさんのことを腎臓病患者さんから教えていただきました。
みなさんが苦労されていることを、少しでも解消できるように、一緒に考えていけたらいいなと思っています。よろしくお願いします。

プロフィール
杏林大学保健学部看護学科 卒業
兵庫県立大学大学院看護学研究科 修了

2001年~2005年 聖路加国際病院 腎センター
2007年~2013年 東京都済生会中央病院
2013年~現在  社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院

2009年 日本看護協会認定 慢性疾患看護専門看護師
経歴
出版物
メディックメディア社
「なぜ?どうして? 3 成人看護 代謝・内分泌・腎・泌尿器」
透析患者さんのシャントの観察
透析患者さんのシャントの観察って、どうやってするの?何を観察しているの? 透析室のスタッフがやればいいのでは?? ※ナースからの質...
(ナースの星Q&Aオンライン編集部さん 投稿日時-2015/06/29 10:25)
回答者
植木 博子さん
植木 博子さん
社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院 慢性疾患看護専門看護師
患者さんの生活環境をアセスメントすることが重要
シャントとは、血液透析患者さんの命綱のようなものだと考えます。そう考えると、たしかに24時間365日観察していくことの重要性はあると思いますし、それを専門家がプロの視点で実施することは大切なのかもしれないですね。 ですが、現実的には、それは難しいかも...

(投稿日時-2015/06/29 14:50)

詳細を読む
透析患者の内服薬についてききたい
透析患者さんって、内服薬の用法容量が複雑で、内服確認の時、正直大変だなぁ…と思ってしまいます。 だけど必ず理由があるはず・・・。 何...
(ナースの星Q&Aオンライン編集部さん 投稿日時-2015/06/29 10:28)
回答者
植木 博子さん
植木 博子さん
社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院 慢性疾患看護専門看護師
透析療法ではまかなえない部分の、一部を内服薬で管理していく必要がある
透析療法は、立派な腎代替療法です。ですが、いくら高機能のダイアライザーを使ったとしても、本来の腎機能の100%の代替とはなりえません。透析療法ではまかなえない部分の、一部を内服薬で管理していく必要があるのです。 腎臓は全身に影響する臓器です。この機...

(投稿日時-2015/06/29 14:42)

詳細を読む
災害時にはどうすればいいのでしょう
災害などが起こってしまったら、透析治療はどうなるんですか? 病院全体で協力したいけど、実際どんなことをするのかわからないのでいざとい...
(ナースの星Q&Aオンライン編集部さん 投稿日時-2015/06/29 10:29)
回答者
植木 博子さん
植木 博子さん
社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院 慢性疾患看護専門看護師
私の経験から患者さんへお伝えしていることなどをご紹介します
災害大国日本において、本当にさまざまな災害が発生する可能性があると考えます。みなさんがお住まいの場所特有の災害もあるかもしれません。地震、水害、噴火・・・最近の日本では、このような災害が主に思い浮かぶかもしれません。 透析患者に対する災害対策は...

(投稿日時-2015/06/29 14:33)

詳細を読む
透析患者さんの体重コントロールの目安や指導のポイントってありますか?
「水分とらないように」と指導して患者さんが怒り出したことがあります。 どのように指導したらよかったのでしょうか。 ※ナースからの質...
(ナースの星Q&Aオンライン編集部さん 投稿日時-2015/06/29 10:31)
回答者
植木 博子さん
植木 博子さん
社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院 慢性疾患看護専門看護師
患者さんのつらい思いを「理解する」ことは、絶対にできないと思います。ですが、「共有すること」を目指してみてはいかがでしょうか
透析患者さんにとって、水分管理は、もっともつらい自己管理の一つかもしれません。私は常に「こんな少ない水で生活するのはつらいことだろうなぁ。」と感じています。医療者である私がそう感じるわけですから、実際に制限している方にとっては、どれだけの思いがあ...

(投稿日時-2015/06/29 11:36)

詳細を読む
協力が得にくい患者さんとの関わり方や声かけの仕方について
水分を制限する気がなく、すぐに溢水になるが制限してまで生きたくないと思われており、なんども話し合いを行うがまた同じことの繰り返し。患...
(ナースの星Q&Aオンライン編集部さん 投稿日時-2015/03/03 16:25)
回答者
植木 博子さん
植木 博子さん
社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院 慢性疾患看護専門看護師
患者さんの価値を知ろうと歩みよってみてください
患者さんの思いは、どれくらい聴けていると思いますか? この患者さんが、「制限してまで行きたくないと思われている」と書かれていますが、なぜそのように看護師は思うのですか? またなぜ患者さんは、そのように思われているのですか? 患者さんの、その「思...

(投稿日時-2015/03/03 17:13)

詳細を読む

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト