専門家

菊谷 武さんのQ&A

菊谷 武さん

  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • 口腔ケア
菊谷 武さん
日本歯科大学大学院生命歯学研究科臨床口腔機能学 教授

口は食事を食べる時に、または会話をする時に、そして息をする時に、はたまた家族や恋人と愛を交わす時にも活躍します。口は、人にとって,生きるためのそしてしあわせのための器官ともいえるのです。この口を守るために私たちは何ができるのでしょうか?このサイトが,みなさんのお役に立てることを祈っています。

プロフィール
昭和38年11月26日 生 東京都出身

日本歯科大学大学院生命歯学研究科臨床口腔機能学 教授
附属病院 口腔介護・リハビリテーションセンター センター長

日本歯科大学大学院生命歯学研究科 臨床口腔機能学 教授 
日本歯科大学附属病院 口腔介護・リハビリテーションセンター センター長を務める。
また、東京医科大学兼任准教授、岡山大学非常勤講師、広島大学非常勤講師、九州歯科大学非常勤講師、琉球大学非常勤講師も兼任され摂食嚥下障害者リハビリテーションの専門家である。
経歴
平成元年 歯学部附属病院高齢者歯科診療科入局
平成13年10月より 附属病院 口腔介護・リハビリテーションセンター センター長 
平成17年4月より助教授
平成19年4月より准教授
平成22年3月 東京医科大学兼任准教授
平成22年4月 教授
平成22年6月 大学院生命歯学研究科臨床口腔機能学 教授
平成24年10月 口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長

日本老年歯科医学会 指導医、認定医
日本障害者歯科学会 指導医、認定医
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 認定士


所属学会
日本老年歯科医学会 理事、評議員
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 理事、評議員
日本障害者歯科学会 評議員

平成21年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)「介護予防における口腔機能向上・維持管理の推進に関する研究」主任研究者
平成21年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)「高齢者の経口摂取の維持ならびに栄養ケア・マネジメントの活用に関する研究」分担研究者

著書 
『口腔機能評価NAVI』医歯薬出版
『在宅医療の技とこころ“口から食べる”を支える ”- 在宅でみる摂食・嚥下障害,口腔ケア-』南山堂
『図解 介護のための口腔ケア』講談社
『ベットサイドの高齢者の診かた』南山堂
『基礎から学ぶ口腔ケア』学研
『在宅歯科診療実践マニュアル』厚友出版
『介護予防のための 口腔機能向上マニュアル』建帛社
『かむのみこむが困難な人の食事』 女子栄養大学出版
『介護予防と口腔機能の向上Q&A』医歯薬出版
栄養摂取のゴールをどう決めるか
80後半、男性。 小脳の脳卒中後、現在特養入所中。5月末、再発し右上肢麻痺みられるも現在遠位型の不全麻痺。摂食嚥下は、元々おくりこみ困...
(おおいさん 投稿日時-2014/07/05 16:28)
回答者
菊谷 武さん
菊谷 武さん
日本歯科大学大学院生命歯学研究科臨床口腔機能学 教授
回答します
問題は送り込み障害だけでしょうか?嚥下反射の惹起に大きな問題はありますか? 送り込みの問題と嚥下時の口唇閉鎖不全が問題は、体幹をチルトさせて送り込みを助け、さらに、嚥下運動が起こるまで口唇閉鎖を直接介助すると、効率的な嚥下が可能となります。 ...

(投稿日時-2014/07/15 10:57)

詳細を読む
口腔内の状態について
高齢者で胃瘻から栄養剤を注入している方で、口からはお茶ゼリーを提供している程度なのですが、口腔内が透明のネバネバしたもので、膜が張っ...
(rivfloyさん 投稿日時-2014/05/09 09:54)
回答者
菊谷 武さん
菊谷 武さん
日本歯科大学大学院生命歯学研究科臨床口腔機能学 教授
回答します
着色している場合、胃から栄養剤の逆流も考えらえれますが、透明となると、やはり唾液であると考えたほうが妥当です。 咽頭内には鼻汁も流れ込みますが、口腔内であれば、唾液と思われます。 味覚や運動の刺激によって分泌される刺激唾液は比較的さらさらした...

(投稿日時-2014/05/09 16:28)

詳細を読む
ソフト食の導入について
特別養護老人ホームで、現在は、キザミ食やキザミとろみ食などを提供していますが、今後ゲル化剤を使ったソフト食(ムース食、ゼリー食)の導...
(rivfloyさん 投稿日時-2014/05/09 09:49)
回答者
菊谷 武さん
菊谷 武さん
日本歯科大学大学院生命歯学研究科臨床口腔機能学 教授
回答します
いわゆるソフト食といっても、物性は様々です。 それを踏まえたうえでの回答となります。 患者さんの口腔の動きとして、食べ物をとらえたのちに、奥歯にもっていく動きがみられ、その後、歯茎または、歯ですりつぶせる動きが出ている方は、 十分ソフト食の対応...

(投稿日時-2014/05/09 16:25)

詳細を読む
半側麻痺の患者様の食事介助について
お世話になります。はじめて送らせていただきます。 以前、PEGのセミナーでなんですが半側麻痺の患者様の食事介助は麻痺側に立ち介助すると...
(ちぃさん 投稿日時-2014/02/03 18:03)
回答者
菊谷 武さん
菊谷 武さん
日本歯科大学大学院生命歯学研究科臨床口腔機能学 教授
半側麻痺患者の麻痺側に立って介助すると
半側麻痺患者の麻痺側に立って介助すると、 頸部が麻痺側に回旋することになります。 その結果、麻痺側の咽頭がつぶれて、健側を使って食事ができるようになる という効果を狙っていると思われます。

(投稿日時-2014/03/05 09:50)

詳細を読む
口腔乾燥の患者用の保湿剤でおススメなものはありませんでしょうか?
現在口腔ケアに関する看護研究中ですが、当病棟では乾燥の強い患者さん へアズノール軟膏を塗布していますが乾燥はある程度改善されますが、...
(motokoさん 投稿日時-2012/05/18 09:08)
回答者
菊谷 武さん
菊谷 武さん
日本歯科大学大学院生命歯学研究科臨床口腔機能学 教授
回答いたします。
保湿だけが目的であれば、無味無臭に近い市販の保湿剤が多く出回っています。 処方にこだわることは無いのではないでしょうか?

(投稿日時-2012/05/18 09:09)

詳細を読む

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト