褥瘡ケア

褥瘡ケア

近年、医療、看護や介護の現場では「褥瘡はできたら治す」から、「まずは褥瘡をつくらない」という意識へシフトしてきています。しかし、実際現場では、『処置の知識は自身があるけど、予防の知識には自信がない』『現場のスキルアップをしたいが、どのようにしたらよいかわからない』などの声も多く聞こえてきます。ナースの星では褥瘡予防において数多くの実績を持つ専門家が回答者として登録しています。

最新の褥瘡ケアのQ&A

褥瘡の方への栄養補給
(横山さん 投稿日時-2016/02/13 10:52)
褥瘡ケアで困っています。
(めぐさん 投稿日時-2015/12/31 11:24)
褥瘡ハイリスク患者ケア加算の該当患者について
(hanaさん 投稿日時-2015/09/03 18:00)
褥瘡新規発生率の計算式について
(おとめちゃんさん 投稿日時-2015/08/05 14:49)
褥瘡ケア 及び 治療法
(別府 尚美さん 投稿日時-2015/01/10 22:56)
褥瘡の真菌感染について
(としさん 投稿日時-2015/01/01 22:46)
入浴できない患者のスキンケアについて
(翔悠ママさん 投稿日時-2014/11/05 11:27)
WOCの手術体位作成への介入について
(いのさんさん 投稿日時-2014/10/24 15:50)
皮膚障害
(アイボリーさん 投稿日時-2014/09/02 09:43)
皮膚剥離
(クミさん 投稿日時-2014/07/26 14:36)

最新の褥瘡ケアのコラム

ナースマガジン×KIRIN WOCN座談会「褥瘡・創傷患者の栄養管理」
(投稿日-2019/12/26)
~WOCナースの関わり現状とオルニチンを用いた栄養療法~ 褥瘡や創傷と栄養状態は密接な関係にあり、特定の栄養素には治癒を促進する働きがあることがわかっています。 今回は皮膚・排泄ケア認定看護師の方にお集まりいただき、褥瘡や創傷患者への栄養管理の関わり方、...(続きを読む)
取材レポート‥‥ 長期臥床中の在宅療養高齢者における‥‥栄養療法の実際
(投稿日-2019/12/18)
褥瘡の治癒促進には、栄養状態が密接に関わります。とくに近年では、褥瘡管理における特定栄養素の活用が期待されています。 今回は栄養成分であるオルニチンを含む粉末飲料の摂取を導入している、鶴巻温泉病院の髙﨑先生にお話を伺いました。 難治性の褥瘡の原因...(続きを読む)
聴きある記『ナースマガジン慢性期看護セミナー』第3回
(投稿日-2019/06/21)
ナースマガジンでは、東京・大阪・福岡において在宅療養支援をテーマとするセミナーを開催しました。 3回目となる今回は、皮膚・排泄ケア認定看護師の政田美喜先生と高木良重先生にお話しいただいた内容をご紹介します。 (編集部まとめ) 慢性期医療現場におけるスキ...(続きを読む)

最新の褥瘡ケアのセミナー

【2019.7.25】GEポケットエコーWebセミナー 在宅エコー編
(2019/07/25) 詳細 開催終了
【福岡】ナースマガジン慢性期看護セミナー「慢性期医療の質と看護の在り方を考える」
(2018/07/28 リファレンス駅東ビル 会議室H-2 福岡市博多区博多駅東1丁目16-14) 詳細 開催終了
ナースの星 皮膚創傷ケアWEBセミナー配信のご案内
(2018/06/26) 詳細 開催終了

会員登録はこちらから

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト