感染管理

感染管理

感染管理は医療施設内での感染流行の予防を目的とした取り組みを指し、実践を重視した疫学の一分野です。ナースの星では、急性期から在宅まで、状況に応じた対応方法や知識の豊富な専門家が回答者として登録しています。

このカテゴリーで回答していただいている専門家

最新の感染管理のQ&A

膀胱留置カテーテルの管理について
(さきかさん 投稿日時-2015/12/03 02:50)
cvcのフラッシュの回数
(hiyokoさん 投稿日時-2015/11/11 19:19)
水痘対応時の対応+α
(aliceさん 投稿日時-2015/11/11 15:41)
一時消毒廃止について
(ガイチさん 投稿日時-2015/10/17 18:45)
吸引時に使用するリンス水と浸漬用水について(その2)
(aliceさん 投稿日時-2015/08/11 17:49)
吸引後のリンス用と浸漬用の水について
(aliceさん 投稿日時-2015/08/07 15:59)
IVHヘパリンロックについて
(和ちゃんさん 投稿日時-2015/01/26 18:21)
職員がマイコプラズマ肺炎の疑い
(大和田ちゃんさん 投稿日時-2014/12/08 09:11)
インフルエンザ感染予防対策でインフルエンザ予防接種は有効か
(ノンちゃんさん 投稿日時-2014/10/27 19:08)
尿カテーテルの選択基準
(みーちゃんさん 投稿日時-2014/10/01 10:15)

最新の感染管理のコラム

特集2「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)次の波に備える」TOPIC4番外編タクティールケア
(投稿日-2020/09/28)
脳内ホルモン「セロトニン」と「オキシトシン」 私が働いている介護施設では、新型コロナウイルスの影響で2月26日から家族との面会や外部の方との関わりが全くなくなりました。それによって、入居者の多くの方が不安感を持ったと思います。認知症状の悪化や不穏となる...(続きを読む)
特集2「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)次の波に備える」TOPIC3
(投稿日-2020/09/25)
いま問い直す 安全なロ腔ケア 松尾浩一郎先生 藤田医科大学医学部 歯科・ロ腔外科学講座 主任教授 ロ腔内には多くの細菌が存在しており、患者は肺炎発症リスクと、医療者は感染リスクと隣り合わせなのがロ腔ケア。両者にとって安全なロ腔ケアのポイントを、藤田...(続きを読む)
特集2「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)次の波に備える」TOPIC2
(投稿日-2020/09/22)
COVID-19に立ち向かう在宅訪問栄養食事指導 体の中からの感染症対策 髙崎 美幸 先生(医療法人社団三喜会 鶴巻温泉病院/栄養サポート室長 管理栄養士・在宅栄養専門管理栄養士・臨床栄養士・NST専門療法士) COVID-19は、外来(受診者)・入院患者の大幅減少の...(続きを読む)

最新の感染管理のセミナー

【2020.6.30】緊急企画 個人防護具など物資不足の時の感染対策とは
(2020/06/30) 詳細 開催終了
【2020.5.13&16】SARAYA感染対策Webセミナー ‟緊急企画”―今知りたい!COVID-19最新情報と感染対策―
(2020/05/13~2020/05/16) 詳細 開催終了
再配信!【2020.3.24】感染対策WEBセミナー「輸入感染症と感染対策~麻疹を中心に~」
(2020/03/24) 詳細 開催終了

会員登録はこちらから

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト