感染管理

感染管理

感染管理は医療施設内での感染流行の予防を目的とした取り組みを指し、実践を重視した疫学の一分野です。ナースの星では、急性期から在宅まで、状況に応じた対応方法や知識の豊富な専門家が回答者として登録しています。

このカテゴリーで回答していただいている専門家

最新の感染管理のQ&A

膀胱留置カテーテルの管理について
(さきかさん 投稿日時-2015/12/03 02:50)
cvcのフラッシュの回数
(hiyokoさん 投稿日時-2015/11/11 19:19)
水痘対応時の対応+α
(aliceさん 投稿日時-2015/11/11 15:41)
一時消毒廃止について
(ガイチさん 投稿日時-2015/10/17 18:45)
吸引時に使用するリンス水と浸漬用水について(その2)
(aliceさん 投稿日時-2015/08/11 17:49)
吸引後のリンス用と浸漬用の水について
(aliceさん 投稿日時-2015/08/07 15:59)
IVHヘパリンロックについて
(和ちゃんさん 投稿日時-2015/01/26 18:21)
職員がマイコプラズマ肺炎の疑い
(大和田ちゃんさん 投稿日時-2014/12/08 09:11)
インフルエンザ感染予防対策でインフルエンザ予防接種は有効か
(ノンちゃんさん 投稿日時-2014/10/27 19:08)
尿カテーテルの選択基準
(みーちゃんさん 投稿日時-2014/10/01 10:15)

最新の感染管理のコラム

取材レポート「手指衛生遵守率の向上のため洗いたくなるような洗浄剤を」
(投稿日-2018/03/02)
正しい手指衛生は、感染対策の基本です。しかし、手荒れが発生していると、手指衛生自体が刺激となり、遵守率の低下につながるといわれています。 感染管理認定看護師として手指衛生遵守向上に取り組んでいる札幌東徳洲会病院の石塚孝子さんにお話を伺いました。 手荒...(続きを読む)
【何ぞやシリーズ第16回】「「CRBSI(カテーテル由来血液感染症)」って何ぞや?
(投稿日-2018/02/09)
カテーテル留置患者の感染予防は、日常的にカテーテル管理に関わっているナースの皆さんが神経を使っているところだと思います。 今回は、米国疾病対策センター(CDC)と医療感染対策実施諮問委員会(HICPAC)により2011年に発表された、カテーテル由来感染予防のため...(続きを読む)
手指衛生における課題と最新の対策_ ICN(感染管理認定看護師)座談会
(投稿日-2017/08/16)
医療関連感染のゼロを目指す 手荒れケアのあり方を求めて 院内の感染対策を行う上で、医療従事者の手指衛生の遵守は大切な取り組みです。 一方で頻回の手指衛生が手荒れを引き起こしてしまい、本来感染管理のために行っている手指衛生の徹底を阻害することも事実...(続きを読む)

最新の感染管理のセミナー

ナースの星 感染対策WEBセミナー配信のご案内
(2018/06/28) 詳細 受付終了
【京都】高齢者施設における 感染対策 ~起きてからでは遅い! 施設内感染・集団感染~
(2016/11/27 アスニー山科 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町92 ラクトC棟2階) 詳細 開催終了
【宮城】第90回日本感染症学会総会・学術講演会
(2016/04/15~2016/04/16 仙台国際センター・新展示施設 仙台市青葉区青葉山無番地) 詳細 開催終了

会員登録はこちらから

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト