Q&A

おむつ交換時の手指消毒

手指消毒について教えてください。おむつ交換時に、ケアー効率を合わせたよい方法や工夫はありませんか。排泄物を取った後、そのままで手指消毒を行うのはとても難しく、手袋を変えるのがやっとの状態です。

※質問者:たまちゃんさん の代理で編集部が掲載しています。

(投稿日時-2013/03/05 14:16)

質問者
ナースの星編集部さん
質問者のQ&A一覧
この質問にコメントする

専門家Q&Aは、会員のスキルアップを支援するものであり、患者の病状改善および問題解決について保証するものではありません。
また、専門家Q&Aにより得られる知識はあくまで回答専門家の見解であり、医療行為となる診療行為、診断および投薬指導ではございません。
職務に生かす場合は職場の上長や患者の主治医に必ず相談し許可を取ってから実践するようお願いいたします。

専門家Q&Aを通じて得た知識を職務に活かす場合、患者のの心身の状態が悪化した場合でも、当社は一切責任を負いません。

本サイト内に掲載された情報の正確性および質については万全を期すものの、常に全ての場合に有効とは限らず、また、本サービスの利用の結果、万が一会員が不利益を被ったとしても、当社は当該不利益について一切の責任を負わないものとします。

A:専門家の見解

四宮 聡さん

四宮 聡さん
箕面市立病院 チーム医療推進部 ICT担当副部長 感染管理認定看護師
  • 先生のQ&Aを読む
  • 先生のコラムを読む
  • 先生をお気に入りに追加
看護チームの構成によって効率的な業務遂行方法は異なりますが、感染対策としての効率性を追求するのは難しいでしょう。
できうる工夫としては、伝播するリスクが高い病原体に感染または保菌している患者さんの順番を考慮したり、下痢をしている患者さんの場合は、感染性腸炎を想定した対策を取るのが感染対策として必要な工夫となります。

おむつ交換では、感染性腸炎に対する感染対策として流行や発生の状況にかかわらず、標準予防策に基づいた遵守が必要となります。これは、冬季に流行するノロウイルスのみではなく、腸管出血性大腸菌感染症やクロストリジウム・ディフィシル感染症といった感染性腸炎も季節を問わずに流行する可能性があるからです。

また、これらの多くの感染症は、下痢などの消化器症状を呈することから、日常的に下痢症に対する感染対策の徹底が医療関連感染防止において重要となります。ほとんどが、消化器症状を認めて感染症の診断・治療が開始されますが、診断がつく前から感染伝播のリスクは存在しているため、おむつ交換の有無は伝播のハイリスク要因となります。

ご質問にあるように、排泄物を取り除いた後の手指衛生は実際の流れを考えると最初は難しいと思います。しかし、感染防止の観点からは欠かせないタイミングです。手指衛生は、方法・量・タイミングが適切に行われることで効果が発揮されるため、各ケア・処置の流れを考えてどのタイミングで行うことが必要かを施設内で検討されてはいかがでしょうか。

現在では、感染防止に関連するガイドラインが非常に多く公開されていますが、推奨されている項目すべてを遵守するのは非常に困難なことから、「ケアバンドル」と呼ばれる手法を取り入れることが有用と報告されています。これは、ケアごとに遵守すべき感染対策を5つ程度まとめて(バンドル=束)にして感染防止を目指すものです。

おむつ交換であれば、現在遵守率が低い手指衛生のタイミングや、手袋・エプロンなどの個人防護具の着脱についても組み込むことで遵守改善を期待することができます。施設内でのおむつ交換に関するケアバンドルを作成し、定期的に評価するとよいでしょう。
78_who0305

(投稿日時-2013/03/05 14:39)

新着Q&A 一覧

鶏眼処置
左足底の母趾に5mm大の鶏眼を形成している患者さんがおられます。 疼痛があり、芯の除去を行いましたが...(続きを読む)
(みよさん 投稿日時-2016/03/05 21:35)
褥瘡の方への栄養補給
特別養護老人ホーム  男性 94歳  摂取カロリー 1600kcal 蛋白60g 栄養補助食品 ヘパス1本/日...(続きを読む)
(横山さん 投稿日時-2016/02/13 10:52)
褥瘡ケアで困っています。
はじめて質問させていだきます。 大転子に褥瘡のある患者さんが転院してきました。その方は転院前の病...(続きを読む)
(めぐさん 投稿日時-2015/12/31 11:24)
ボタン式胃瘻チューブのバーストについて
 旧重症心身障害児者施設(現在は医療型障害児施設と療養介護事業所)に勤務しています。 入園者は6歳...(続きを読む)
(aliceさん 投稿日時-2016/02/03 16:52)
膀胱留置カテーテルの管理について
私はADL低下、長期臥床患者の多い病棟で働いており、長期間(2週間以上)閉鎖式膀胱留置カテーテルを挿...(続きを読む)
(さきかさん 投稿日時-2015/12/03 02:50)

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト