Q&A

MRSA創部感染患者への個室対応

以前働いていた病院では、創部培養でMRSA陽性の場合、個室隔離はせず、スタンダードプリコーション+接触対策で対応していたのですが、今の病院では逆で必ず個室対応をするように決まっています。
創部感染の場合は、必ずといっていいほどガーゼ保護等行っているので、菌が拡散する可能性は低いと思うのですが、今の病院は『患者が触って菌を広める可能性が高い』という理由なのですが納得しがたいです。創部感染の場合に個室対応まで必要ですか?

※質問者:ジュエリーボウさん の代理で編集部が掲載しています。

(投稿日時-2013/03/05 14:19)

質問者
ナースの星編集部さん
質問者のQ&A一覧
この質問にコメントする

専門家Q&Aは、会員のスキルアップを支援するものであり、患者の病状改善および問題解決について保証するものではありません。
また、専門家Q&Aにより得られる知識はあくまで回答専門家の見解であり、医療行為となる診療行為、診断および投薬指導ではございません。
職務に生かす場合は職場の上長や患者の主治医に必ず相談し許可を取ってから実践するようお願いいたします。

専門家Q&Aを通じて得た知識を職務に活かす場合、患者のの心身の状態が悪化した場合でも、当社は一切責任を負いません。

本サイト内に掲載された情報の正確性および質については万全を期すものの、常に全ての場合に有効とは限らず、また、本サービスの利用の結果、万が一会員が不利益を被ったとしても、当社は当該不利益について一切の責任を負わないものとします。

A:専門家の見解

四宮 聡さん

四宮 聡さん
箕面市立病院 チーム医療推進部 ICT担当副部長 感染管理認定看護師
  • 先生のQ&Aを読む
  • 先生のコラムを読む
  • 先生をお気に入りに追加
MRSAなどの多剤耐性菌の感染対策は、利用できる病床や標準予防策・経路別予防策の遵守状況、感染・保菌者の周囲への拡散リスクを考慮して決定します。
ご質問のように、創部からMRSAが検出されており、十分に被覆されている状態であれば、必ずしも個室隔離は必要ありません。基本的な感染対策の遵守を徹底することが重要で、個室隔離を行うことだけで伝播が防止できるという考え方は危険です。

MRSAなどの医療関連感染上問題となる病原体は、多くが「接触感染」の経路を取ります。これは、患者さんと医療従事者による「直接接触」と患者さんが接触する部位(周囲の環境や器材など)を介した「間接接触」があります。これらの感染伝播経路を考えると、創処置やケアを行う際には、手指衛生と手袋・エプロンなどの個人防護具を着用し、適切なタイミングで外すことが必要です。物品も個人使用とするか適切な処理を行うことでの共用が求められます。

また、MRSAが創部から検出されている患者さんはおそらくその他の部位でも保菌している可能性が高いと考えるのが妥当と思われますので、ベッド周囲や患者さんが頻回に接触する部位(ベッド柵・ナースコール・TV・リモコンなど)は十分清浄化しておく必要があります。さらに、患者さん自身にも手指衛生の方法やタイミングについて説明することも重要な対策でしょう。

このような対策を適切に行えるのであれば、必ずしも個室隔離は必要ありません。逆に、個室隔離をしていたとしても対策が不十分であれば、伝播の可能性が考えられます。

現在の手指衛生の遵守状況や創処置での感染対策が適切に行えているのかについて評価を行い、並行して検出している部位や量、必要とする処置・ケアの必要度から個室隔離を検討することが望ましいと考えます。

(投稿日時-2013/03/05 14:42)

新着Q&A 一覧

鶏眼処置
左足底の母趾に5mm大の鶏眼を形成している患者さんがおられます。 疼痛があり、芯の除去を行いましたが...(続きを読む)
(みよさん 投稿日時-2016/03/05 21:35)
褥瘡の方への栄養補給
特別養護老人ホーム  男性 94歳  摂取カロリー 1600kcal 蛋白60g 栄養補助食品 ヘパス1本/日...(続きを読む)
(横山さん 投稿日時-2016/02/13 10:52)
褥瘡ケアで困っています。
はじめて質問させていだきます。 大転子に褥瘡のある患者さんが転院してきました。その方は転院前の病...(続きを読む)
(めぐさん 投稿日時-2015/12/31 11:24)
ボタン式胃瘻チューブのバーストについて
 旧重症心身障害児者施設(現在は医療型障害児施設と療養介護事業所)に勤務しています。 入園者は6歳...(続きを読む)
(aliceさん 投稿日時-2016/02/03 16:52)
膀胱留置カテーテルの管理について
私はADL低下、長期臥床患者の多い病棟で働いており、長期間(2週間以上)閉鎖式膀胱留置カテーテルを挿...(続きを読む)
(さきかさん 投稿日時-2015/12/03 02:50)

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト