セミナー情報

セミナー詳細

第4回誤嚥性肺炎セミナー『誤嚥性肺炎の予防と対策』 ―●誰も教えてくれなかった誤嚥性肺炎対策●-【医学の友社 看護セミナー企画室】

2012/05/19東京 損保会館2階大会議室(JR「御茶ノ水駅」より7分)

開催日・地区    5/19(土)東京会場名    損保会館2階大会議室(JR「御茶ノ水駅」より7分)主催    医学の友社 看護セミナー企画室 
プランナー(講師)     
神戸大学大学院保健学研究科リハビリテーション科学領域
運動機能障害学 
准教授  石川 朗先生

受講料    1名様 13,700円(消費税含)【※聴診器は必ずご持参ください】
講師からの メッセージ    ◆◆◆参加のおすすめ◆◆◆
 本邦では、65歳以上の高齢者の死亡原因に肺炎が多く、高齢化が進むに伴いその比率は高まります。また、高齢者の肺炎の中では、誤嚥性肺炎が圧倒的に多く見られます。すべての医療従事者が、誤嚥性肺炎の患者さんに遭遇し、その予防と治療に難渋した経験があると思われます。誤嚥性肺炎とは食べ物や唾液が肺の中に入り込むことによって引き起こされる肺炎です。では、この誤嚥性肺炎をどのように予防し、治療すべきなのでしょうか。  そこで今回、誤嚥性肺炎の予防と治療のための評価と手技として、摂食・嚥下へのアプローチと呼吸理学療法に視点を当てた1日で学ぶセミナーを企画しました。摂食・嚥下に関しては、この医学の友社で開催している「摂食・嚥下障害セミナー:摂食・嚥下障害の基本的知識と看護」で講師をされている大阪大学歯学部付属病院の野原先生にお願いしています。 本セミナーは講義だけではなく、具体的に理解できるよう内視鏡と呼吸理学療法のデモンストレーションも予定しています。 たくさんの方に受講していただき、多くの患者さんへ導入していただけると幸いです。
プログラム
講師(第1,4,5講) 神戸大学大学院保健学研究科リハビリテーション科学領域運動機能障害学准教授  石川 朗(第2,3講) 大阪大学歯学部附属病院顎口腔機能治療部  野原幹司
講義時間 10:00~16:30(終了時間は前後します)昼食休憩 12:00~13:00(昼食は各自ご用意ください)【※聴診器は必ずご持参ください】
1.「誤嚥性肺炎」とは何でしょうか?1)高齢者と肺炎2)どうして誤嚥性肺炎が生じるのでしょうか?
2.「誤嚥、不顕性誤嚥」を見やぶる!! 1)顕性誤嚥とは? 不顕性誤嚥とは?2)摂食・嚥下障害とは?3)誤嚥、不顕性誤嚥の徴候を知る4)熱計、検査値の見かた
3.「嚥下機能の評価」をしましょう!-内視鏡を実際に見ながら頸部聴診をマスターする- 1)嚥下時の触診のポイント2)頸部聴診から何がわかるのでしょうか?3)頸部聴診(デモンストレーションと実習)※聴診器は必ずご持参ください
4.誤嚥性肺炎「予防」のための呼吸理学療法1)予防のためのコンディショニング2)体位を見なおそう3)予防のための運動療法
5.誤嚥性肺炎「治療」のための呼吸理学療法1)誤嚥時の咳の介助・誘発方法2)排痰のテクニック-呼吸理学療法をデモンストレーションで学ぶ

このセミナーをお気に入りに追加
ジャンル選択へ戻る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト