セミナー情報

セミナー詳細

ナースのための フットケアBASIC ~ケアに活かせるアセスメントとケアの実際~【メディカ出版】

2012/08/26兵庫県 兵庫県農業会館

 皆さんは看護師として「フットケア」をどのように考えておられますか?私は約10年前、フットケアの研修会に参加して医師が行うフットケアを知りました。医師ですから治療が主な目的で、糖尿病患者さんの壊疽から巻き爪、胼胝、鶏眼、角質除去、靴の作成まで関わっておられました。それまでフットケアといえば、心地よいマッサージをイメージしていたので、こんな視点もあるのかと驚き、興味もわき、それからナースにできるフットケアを模索してきました。もちろん、医師の行う治療のフットケアも患者さんにとっては重要なことですが、ナースには限界があります。私はそれを限界ととらえず、ナースならではの視点で看護ケアとしてとらえたいと考えています。そして当たり前のケアとして、予防や自分で爪を切れない子供、高齢者、疾病を持った方、希望される方に対して技術を提供したいと思います。
看護ケア技術として必要なことは、観察し、今相手にとって必要な看護ケアは何かを探索し、必要最小限のサポートをし、自立の援助をすることだと思います。
足から全体を観察して、患者さんの状況に合わせてケアの選択を行うこと。日常生活を安楽に過ごすために清潔保持の足浴や、危険防止の爪切り、疼痛緩和の胼胝、鶏眼、巻き爪のケアを安全に行うこと、またコミュニケーションの方法の一つとして知っておくべきだと思います。これは特別な技術ではなく、看護師ならば誰でもできる一定の看護技術とすることが、多くの患者さんを安楽にすることだと思います。今回のセミナーでは予防も含め、ベースとなる知識と技術を共有していくことを目的としております。これから看護師として日常生活の援助をされる方、自立の援助として指導される方、一緒に考えてみませんか?
プランナー・講師山口晴美(合同会社HANA NURSING THERAPY 代表取締役) 


プログラム
1.ここだけは押さえておこう! ケアに活かせる足の解剖□足の構造と機能□爪の構造と機能□皮膚の構造     2.症例から学ぶ 実践! 3stepで行う アセスメントとケアの実際□フットケアの目的□看護技術としてのフットケア□ナースが行うアセスメント□患者さんと行うアセスメント□見のがしてはいけない症状□判断の見きわめ~医師の指示を要する時~■とりあげる症例巻き爪・陥入爪・胼胝・鶏眼・肥厚した爪・爪白癬・潰瘍・浮腫 など     昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)     3.かんたん! フットマッサージ□マッサージの基本のきほんのテクニック

4.質疑応答


日時 8月26日 9:30~
場所 兵庫県農業会館 11階大ホール
〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通1丁目 

詳細は下記の申し込みをクリック
※主催会社詳細ページにとびます。

このセミナーをお気に入りに追加
ジャンル選択へ戻る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト