セミナー情報

セミナー詳細

【大阪】【創傷管理】 第16回創傷管理セミナー【メディカ出版】

2013/08/31大阪国際交流センター 2階大会議室「さくら」 大阪市天王寺区上本町8−2−6

これからの慢性創傷管理に必要な知識とスキル

平成24年から褥瘡管理加算が入院基本料に包括され、日本のすべての病床に褥瘡に関する予防や管理が課されています。
在宅でも介護施設でも真皮以上の深さの褥瘡をみることが必須となり、褥瘡ケアを行ううえで必要な知識を持つことが重要です。
一方、下肢の創傷もクローズアップされてきました。高齢化することで長い期間、糖尿病を患うこととなり、重度の合併症として透析から重症虚血肢への変化や足壊疽など下肢創陽に苦しむ高齢者が増加しているからです。

今回は、慢性創傷の治療最前線で活躍されている先生方を講師にお招きし、こうした重度の下肢創傷を管理するために必要な知識も盛り込みました。
これからの高齢化社会を担う役割を持つ看護師には、より高い知識とスキルが求められます。

多くの方が本セミナーで新しい知識とスキルを持ち、明日からの医療に役立てていただけることを祈っております。

時間 13: 30 ~17: 10
受講料(税込)    1名 9,800円

備考    ★昼食のご用意はございません

プランナー・講師 
溝上 祐子(日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程長)

概要
・褥瘡管理に関する基礎知識と最新情報
・下肢の慢性創傷管理
・これからの創傷管理と下肢創傷管理の実際
・質疑応答

このセミナーをお気に入りに追加
ジャンル選択へ戻る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト