セミナー情報

セミナー詳細

【香川】拘縮や褥瘡をつくらないリハビリ発想と技術を身につけよう 【関西看護出版】

2014/04/27サンポートホール高松 香川県高松市サンポート2-1 高松シンボルタワー・ホール棟2階

心身の仕組みや介助方法がよくわからないばかりに、予防どころか拘縮や褥瘡をつくってしまったりしてしまいます。
この学習会は人の心や身体の仕組みを徹底的に理解・習得し、介護する側、される側双方が無理なく援助できるように、拘縮の緩和や予防を促す簡単な発想、治癒成績の向上や再発を防ぐためのリハビリ褥瘡ケア、または寝たきりからの復帰方法などを講義、椅子に座って受けられる簡単な実技を行います。

講 師:加藤 慶
(生活介護研究所尾張旭事務所所長/理学療法士)

時 間:午前10時~午後4時
受講料:8,000円+税
 割引適用:会員(5%割引)・団体(2名以上5%割引・5名以上10%割引)
定 員:100名

◎内容
●なぜ、拘縮や褥瘡ができるのか
 1.寝たきりになっていく過程から診るダメージを発見するとアプローチがわかる褥瘡管理でない復帰方法
 2.傷のケアだけでは再発を繰り返しやすい現行の処置にプラスして行いたい復帰方法
●R.O.M訓練ばかりではない関節拘縮の緩和方法…疼痛と循環改善に必要な手技と実践法
 1.重要なことは現場でできる実践方法
 2.痛みの悪循環を理解すれば、援助の仕方が変わる
●大変な体位変換の発想を変換する褥瘡ケア
 _体位変換から体圧分散へチェンジ
 1.適切な安静時枕の設定の考え方
 2.体位変換の角度は何度がよいのか など

このセミナーをお気に入りに追加
ジャンル選択へ戻る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト