セミナー情報

セミナー詳細

【愛知】認知症ケアマスター第1回 認知症ケア困難事例への対応とBPSDが軽減するケアの仕方【日総研】

2014/05/24IMYビル 名古屋市東区葵3-7-14

よくあるケースで徹底解説!
基礎を事例で学んだ後、急変の見抜き方や
 原因疾患別ケアなど高度専門知識まで段階的に!

開催日
名古屋地区:
【第1回】2014年5月24日(土)
【第2回】2014年6月21日(土)
【第3回】2014年7月12日(土)
※各回内容が異なります。1日のみでもご参加いただけます。

講師 医学博士 伊苅弘之氏
 (医療法人さわらび会 福祉村病院 副院長)

時 間 :いずれも10:00~16:00
※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
3回とも参加 一般:33,000円 会員:30,000円
2回参加 一般:23,000円 会員:20,000円(どの組み合わせでも可)
1回のみ参加 一般:18,000円 会員:15,000円(どの回でも可)
(1名につき・消費税込)

第1回 認知症ケア困難事例への対応とBPSDが軽減するケアの仕方

認知症の人が体験している世界とBPSDのメカニズムの理解、適切な対応の仕方を学ぶ

プログラム
1.認知症を正確に理解しよう
2.認知症高齢者の体験世界とBPSDのメカニズム
3.BPSDへの対応~BPSDが軽減するケアの仕方
  ●同じことを何度もくり返し尋ねる
  ●異食
  ●食事を食べない、混ぜてしまう
  ●徘徊
  ●幻覚
  ●物盗られ妄想
  ●放尿、便こね
  ●強い帰宅願望
  ●暴言、暴力
  ●抑うつ状態
  ●治療、処置の拒否
  ●頻回のナースコール など
4.ケア困難事例への対応
  ●利用者同士のけんか、他利用者への暴力・暴言
  ●不安と恐怖が強い方へのかかわり
  ●自傷行為がある
  ●歩行が不安定で転倒や怪我が心配
  ●食事を拒否する、食べようとしない
  ●(認知症の重症化によって)経口摂取困難になってきた
  ●入浴を拒否する
  ●排泄がスムーズにいく声のかけ方は?
  ●認知症であることを本人に伝えるべきか
  ●家族が認知症への理解がない
  ●若年性認知症の方へのケア
  ●投与されている薬が適切か疑問を持ったとき など

このセミナーをお気に入りに追加
ジャンル選択へ戻る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト