セミナー情報

セミナー詳細

【東京】ナースマガジン 緩和ケアセミナー【メディバンクス㈱ ナースマガジン編集部】

2017/01/21国際ファッションセンター RANNEX HALL 墨田区横網一丁目6番1号

地域につながる緩和ケア&症状マネジメント

~STAS-Jを活用した質の高い継続的な緩和ケア実践法を学ぶ~

開催延期となりました

がん患者指導管理料の算定時に用いられる緩和ケア アセスメントスケールであるSTAS-J。導入施設は増加しているが運用が形骸化している施設も少なくありません。
STAS-Jは、がん患者の疼痛や精神状態などの現状把握が正確にでき、今後のがん地域包括緩和ケア推進において必要不可欠なツールです。
今回、STAS-Jの概要と本質についての講義と模擬事例を用いたグループワークを、STAS-Jの開発者の一人である阿部まゆみ先生にご協力いただき企画しました。
これから求められる質の高いがん緩和ケアにに欠かせないアセスメントスキルとファシリテーションスキルを学ぶことができます。

コーディネーター・プランナー 阿部 まゆみ 先生
(名古屋大学大学院 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン特任准教授)

時間 開場:13:00 講演:13:30~17:30
(内、10分休憩)

定員:100名

参加費用:5,000円※テキスト代込み
(当日ご持参ください)

プログラム

■13:30~15:30
・講義 緩和ケアにおける問題発見・解決・成果検証について(50分)
~事例から看護における取組の作り方やアウトカム評価について学ぶ~
講師:田中 智恵子 先生
(株式会社メディカルクリエイト 看護師・経営コンサルタント)

・講義 がん地域包括緩和ケアの有り方とSTAS-J活用の本質(70分)
~STAS-Jを使ってみる~STAS-Jのカンファレンスへの活用方法~
講師:阿部 まゆみ 先生
(名古屋大学大学院 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 特任准教授)

■15:40~17:10
・グループワーク
STAS-Jを活用した対話やファシリテーション技術について学ぶ

■17:10~17:30
リフレクションとまとめ、実践へのヒント

●企画・運営協力
緩和デイケアサロン推進協議会


★お問合せは
ナースマガジン編集部
セミナー事務局TEL 03-6447-1180

☆お知らせとお詫び
今回お知らせしました『緩和ケアセミナー』は、大変申し訳ありませんが、開催延期となりました。
出席予定だった皆様にお詫び申し上げます。
尚、次回、3~5月に開催を予定しております。日程が分かり次第、UPさせて頂きます。
また、お申し込みをいただいた方全員に、随時ご連絡をさせていただきます。あらかじめご承知ください。

このセミナーをお気に入りに追加
ジャンル選択へ戻る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト