セミナー情報

セミナー詳細

【東京】ナースマガジン慢性期看護セミナー「慢性期医療の質と看護の在り方を考える」【メディバンクス株式会社 ナースマガジン編集部】

2018/05/26TKP赤坂駅力ンファレンスセンター 港区赤坂2丁目14-27国際新赤坂ビル東館13F

慢性期医療の質と看護の在り方を考える

2018年診療報酬・介護報酬同時改定において慢性期医療の在り方についても大きく言及されました。
これから2025年に向けて各医療機関にとって『重症化予防』『自立支援』『在宅復帰』は大きなテーマであり喫緊の課題であるといえます。慢性期医療の現場においても栄養管理、褥瘡対策、肺炎対策は益々注目されると考えられます。

今回、日本慢性期医療協会の会長である武久洋三先生に『今後の慢性期医療の方向性とその中で看護師が担うべき役割』について、基調講演を賜ります。
また、2部では経腸栄養管理のスペシャリストである目白第二病院の副院長水野英彰先生に、3部では局所管理のスペシャリストである皮膚・排泄ケア認定看護師の三豊総合病院の政田美喜先生にご講演賜ります。

時間:開場:13:00
   講演:13:30~17:00(内、20分休憩)

参加費用 2,000円※テキスト代込み
               (当日ご持参ください)

定 員:200名

参加対象者:褥瘡管理者・褥瘡対策委員会看護師

■プログラム

 1.13:30~14:30 基調講演
 在宅復帰を目指す
 これからの慢性期医療の在り方と看護が担う役割


講師:武久 洋三 先生
   (日本慢性期医療協会 会長・平成医療福祉グループ 代表)

2.14:40~15:40 栄養管理
 経腸栄養管理におけるリスクマネジメント
 ~トラブルを未然に防ぎケアの質を高める栄養管理~


講師:水野 英彰 先生
   (目白第二病院 副院長)

3.15:50~16:50 局所管理・スキンケア
 褥瘡患者における局所管理とスキントラブル対策

講師:政田 美喜 先生
(三豊総合病院 皮膚排泄ケア認定看護師)

4.16:50~17:00 質疑応答

■協賛:株式会社大塚製薬工場
   アルケア株式会社株式会社
          宮野医療器株式会社

★お問い合せは
ナースマガジン編集部セミナー事務局
TELO3-6447-1180

★お申込み方法;方法は3通りあります。

■下記の画像をクイックして用紙をプリントアウトして必要事項ご記入の上、FAXしてください。

■メールにてお申込みくださいinfo@medi-banx.com 
※メールでご応募いただく場合は、必ずセミナータイトル、参加希望日時 勤務先施設名、氏名、受講票送付先住所、TEL、、役職・職務、所属、 についてご記入をお願いいたします。

■事前決済がご希望の方は、下記のお申し込みをクイックして登録をお願い致します。

※終了しました

このセミナーをお気に入りに追加
ジャンル選択へ戻る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト