1. ホーム
  2. コラム
  3. 筋肉注射後の注射部位の揉む揉まないについて
専門家Q&A

筋肉注射後の注射部位の揉む揉まないについて

投稿日:2014.03.01

ご質問

私たちの学生のころは、筋肉注射後は、注射部位をもむようにと指導をうけましたが最近は、薬剤によって
は揉まないほうが良いとされている薬剤もあるという情報を得ましたが、薬剤にかかわらず、揉まない方向になっているのでしょうか?
アタラックスP、ケナコルト、持続性の皮下注射薬以外に揉んではいけない薬剤があればご教示ねがいます。

専門家の見解

「揉まない」に統一する方が現場での混乱はないでしょう
旧来は、筋肉注射後に硬結ができるのを揉むことで軽減することが主な理由として推奨されていたようですが、現在では揉んでも効果は変わらないと考えられており、「揉んではいけないことはありませんが、揉んでも同じ」と捉えられています。

また、おとめちゃんさんが指摘されている製剤などは、薬効を確実に得るためには揉むことが返って効果を阻害する可能性がある(皮下で徐放効果を期待するホルモン剤など)ため、「揉んではいけません」。

いずれにせよ、製剤ごとに「揉んではいけない」ものと「揉んでもいいが、揉まなくても良い」のがほとんとですので、「揉まない」に統一する方が現場での混乱はないものと思われます。

一度、院内で採用されている注射薬のうち、「特別に揉む必要がある」製剤はないかを薬剤師さんに確認していただくと心強いですね。

こちらの記事は、会員のスキルアップを支援するものであり、患者の病状改善および問題解決について保証するものではありません。
また、専門家Q&Aにより得られる知識はあくまで回答専門家の見解であり、医療行為となる診療行為、診断および投薬指導ではございません。
職務に生かす場合は職場の上長や患者の主治医に必ず相談し許可を取ってから実践するようお願いいたします。
専門家Q&Aを通じて得た知識を職務に活かす場合、患者のの心身の状態が悪化した場合でも、当社は一切責任を負いません。
本サイト内に掲載された情報の正確性および質については万全を期すものの、常に全ての場合に有効とは限らず、また、本サービスの利用の結果、万が一会員が不利益を被ったとしても、当社は当該不利益について一切の責任を負わないものとします。

このコンテンツをご覧いただくにはログインが必要です。

会員登録(無料)がお済みでない方は、新規会員登録をお願いします。



他の方が見ているコラム