1. ホーム
  2. コラム
  3. CHECK!今日から始めるセルフケア⑫
ナースマガジン vol.34

CHECK!今日から始めるセルフケア⑫

看護師の皆さん、疲れが取れない…ということは ないでしょうか?そんな時はぜひチェア( イス )ヨガを試してみてください。簡単にできるので負担も少なく、心も体もリフレッシュできますよ。仕事の合間や休憩時間 、もちろんご自宅などでも行ってみてください。

ヨガを始める前に

チェア(イス)ヨガをする時は浅めに座り、腰幅に脚を開きましょう。
ヨガは呼吸と連動して行うことが大切です。呼吸を意識して行いましょう。

どこでもできるチェア(イス)ヨガポーズ

cat&cowチェアヨガバージョン

腰の後ろで手を組みます。
息を吸いながら手を斜め下に引き、 胸を開いて、目線は斜め上を向きます。
息を吐きながら力を抜きおへそを見て背中を丸めます。
呼吸に合わせて数回繰り返しましょう。
【効果】
・背骨(脊髄)へのほどよい刺激により自律神経のバランスを整え、免疫力アップ
・肩こり・背中のこわばり・腰痛の緩和
 

上半身のフロー

胸の前で手を組みます。
❷息を吸いながら天井方向に手を伸ばします。
❸息を吐きながら組んでいる手を枕にするように後頭部に当てます。
❹息を吸って気持ちよく手を天井方向に伸ばします。
❺息を吐きながら組んでいる手をおへそに当て、目線もおへそを見て背中を丸くします。
❻呼吸に合わせて数回繰り返しましょう。
【効果】
・上半身の血流を促進し、肩こり解消
・呼吸を深めてリフレッシュ効果
肩こりのポーズは今回で最後となります。
次回はマインドフルネス瞑想をご紹介します。
監修:看護師・ヨガインストラクター 藤田英子さん

このコンテンツをご覧いただくにはログインが必要です。

会員登録(無料)がお済みでない方は、新規会員登録をお願いします。



他の方が見ているコラム