1. ホーム
  2. セミナー
  3. 【2020.11.11】ナースが行うべきフットケア ~巻き爪ケアの意義の再考~
2020.11.11(水) 11:30〜21:00

【2020.11.11】ナースが行うべきフットケア ~巻き爪ケアの意義の再考~

セミナー概要

今回ナースの星では、毎回ご好評いただいております西田壽代先生によるフットケアWEBセミナーをマルホ株式会社の協 賛に基づき開催いたします。「巻き爪ケア」に着目した待望の新作となります。ぜひご参加いただけましたら幸いです。

高齢者の要介護の原因の代表格である「転倒」のリスクファクターの一つに足の皮膚・爪のトラブルがあるといわれています。COVID-19流行による外出自粛などにより高齢者の下肢の運動機能低下について懸念されている中、転倒リスクを高めるといわれている爪トラブルについての治療、ケア、アセスメントなど体系的に学ぶことが重要な局面にあると考えられます。また、糖尿病患者においては、下肢救済の視点からも爪トラブル対策は重要な意味を持つため看護の現場においては重要な知識であると考えております。

看護におけるフットケアの第一人者であり、日本フットケア学会の理事、日本トータルフットマネジメント協会会長を務められている足のナースクリニック代表の西田壽代先生に、ナースが行うべきフットケアの全体像から爪ケアを行う意義、爪のアセスメントのポイント、具体的な爪ケアの実際、巻き爪への対処についてご講演いただきます。

セミナー詳細

開催日時 2020.11.11(水) 11:30〜21:00
開催地 オンライン
テーマ ナースが行う巻き爪ケア
講師

足のナースクリニック 代表

西田 壽代 先生

内容 ・ナースが行うべきフットケア
・爪ケアの意義
・爪をしっかり観察しよう
・足爪の切り方の基本
・爪ケアの手順(西田流)
・巻き爪の原因と思われる事(西田の考え)
セミナー時間 約60分
定員 1000名(先着順)
対象 看護師、医療従事者全般
視聴環境 スマホ、PC等からのWEBアクセス
費用 視聴無料 
レジメ有料 PDF(カラー)2,200円、紙白黒 1,650円、紙カラー 2,750円
受付は終了いたしました。