1. ホーム
  2. セミナー
  3. 海外に学ぶCLABSI(中心静脈ライン関連血流感染)の低減に関する動向と対策
2021.01.19(火) 11:30〜21:00

海外に学ぶCLABSI(中心静脈ライン関連血流感染)の低減に関する動向と対策

セミナー概要

ナースマガジンではよりよいケアを患者に提供したいという想いを持つ看護師を応援するために、定期的にWEBセミナーを開催しています。今回は『海外に学ぶCLABSI(中心静脈ライン関連血流感染)の低減に関する動向と対策』と題しまして、山形大学医学部附属病院 検査部部長・病院教授で感染制御部部長の森兼啓太先生にご講演いただきました。CRBSIを低減させるために必要な対策についてCDCや海外文献等を例にわかりやすくお話しいただいており、2019年に3M(TM)テガダーム(TM)CHGドレッシングが、CRBSI低減の効能について国内で承認取得となった背景情報としても参考にしていただけます。本セミナーはお昼の時間帯からご覧いただけますので、院内教育等にもご活用ください。

セミナー詳細

開催日時 2021.01.19(火) 11:30〜21:00
開催地 オンライン
テーマ 海外に学ぶCLABSI(中心静脈ライン関連血流感染)の低減に関する動向と対策
講師

山形大学医学部附属病院  感染制御部長 病院教授

森兼 啓太 先生

セミナー時間 約40分
定員 1000名(先着順)
対象 ICD、ICU医師及び看護師、集中ケア認定看護師、感染管理認定看護師、ほか感染対策に興味がある医療従事者
視聴環境 スマホ、PCからのWEBアクセス
費用 視聴無料
主催 メディバンクス株式会社
協賛 スリーエム ジャパン株式会社