ナースマガジン ナースマガジン

ナースマガジン

ナースマガジン

第3回 血液透析の「穿刺」とは

透析ケア投稿日時-(2015-07-07)透析看護の基本のキ!透析用語解説さん

血液透析では治療に必要な血液を体外へ導き出すためと浄化された血液を体内へ戻すためのバスキュラーアクセスを確保するために、2か所血管内外へ交通するルートを確保します。

その手技そのものを「穿刺」と呼びますが、病棟などで行われているサーフロ針によ
るルート確保の手技と似ています。
透析用の留置カテーテルを挿入されている患者さん以外は、血管ルート確保を行うために治療の都度穿刺を受けます。
効率的な透析療法を行うには200ml/min程度の血流量を必要とするため、その流量を確保・安定させられる15~18Gの透析用カニューレを用います。
採血や点滴とは違いかなり太いカニューレを用いるため、穿刺を受ける患者さんの苦痛の負担は大きく、患者さんにとって透析治療は穿刺が一番の山場だと思っている人も少なくはありません。
参考文献; 第6版 透析療法マニュアル(日本メディカルセンター)2005年 7月執筆ライティング :看護師 水田 みゆき

編集部オススメTOPICS! 透析ケアに関する最新情報を毎月配信 コヴィディエンメールマガジン読者募集中!!透析ケアの疑問解決!現場で活かせるQ&A・透析情報誌「Vascular Access News」

会員登録はこちらから

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト