セミナー情報

ジャンルから探す

  • 78_78_seminar_09
  • 78_btn_01
  • 78_btn_02
  • 78_btn_03
  • 78_btn_04
  • 78_btn_05
  • 78_btn_06
  • 78_btn08
  • 78_btn_07

エリアから探す

北海道・東北 関東 北陸・北信越 東海 近畿 中国・四国 九州・沖縄

新着セミナー 一覧

【京都】看護師向け 実践型1日研修 「急変の前兆を見過ごさない!!」
京都私学会館 会議室  京都市下京区室町通高辻上ル山王町561開催日:2016-03-12

~急変前の徴候を見抜くポイントと急変後の的確な対応~ ●ポイント 1.危険な兆候に対する 「気付く」ポイントを知る 2.急変発生時における初動対応能力(ファーストエイド)を身につける 3.急変発生後の適切な対応を学ぶ...(続きを読む)

【福岡】実践!認知症ケア研修会2016
福岡県中小企業振興センター(福岡市博多区吉塚本町9-15)開催日:2016-02-28

認知症ケアの現場では、さまざまなケアの考え方やとらえ方を学ぶことが大切です。 その中で、認知症の方が望む生活を実現するために日々新しいケア の確立や、支援の工夫やシステムづくりを実践していかなければいけません。...(続きを読む)

【東京】第50回糖尿病学の進歩
東京国際フォーラム 千代田区丸の内三丁目5番1号開催日:2016-02-19~2016-02-20

テーマ「温故知新」 4つの柱となる講演シリーズから成り立ち、それぞれ30分ずつの講演が2日間にわたって行われます。今回は、「専門医単位更新のための指定講演」23講演、「糖尿病診療に必要な知識」23講演、「糖...(続きを読む)

【兵庫】第43回日本集中治療医学会学術集会
神戸国際展示場 神戸市中央区港島中町6-11-1 ・神戸ポートピアホテル 神戸市中央区港島中町6丁目10-1開催日:2016-02-11~2016-02-14

テーマ Be an Intensivist ICUに集中治療医学を専門とする医師がいて24時間、365日、重症患者の治療に携わっていることは国民に認識されていません。 医療従事者の間でも十分認識されているとは言えません。 我々自身が...(続きを読む)

【北海道】むくみ対策に活かすリフレクソロジー
北海道建設会館 8階C会議室 札幌市中央区北4西3 開催日:2016-02-22

むくいの原因の理解とリフレクソロジーでのケア方法 辛いむくみを「リフレクソロジー(足裏健康法)」で解消しましょう! むくみの原因はさまざま。原因別の対処法を知り、リフレクソロジーでのケアを実践します。ぜひお...(続きを読む)

【神奈川】看護師限定, 褥瘡ケアスキルアップセミナー
ウィリング横浜 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内開催日:2016-02-07

Tナースから学ぶ! 褥瘡ケアに必要な看護の視点 本セミナーでは、梶西先生(ETナース)から、褥瘡のメカニズム、予防対策、スキンケア、褥瘡評価など「褥瘡ケアに必要な看護の視点」を学んでいただきます。 また、できる限り...(続きを読む)

【京都】第31回日本環境感染学会総会・学術集会
国立京都国際会館およびグランドプリンスホテル京都 京都市左京区宝ヶ池開催日:2016-02-19~2016-02-20

メインテーマ:世界に発信しよう 我が国の感染制御 微生物の病原性と宿主防御機構ならびに抗菌化学療法は長年の研究のテーマであり、さらに感染症が人類社会におよぼす様々な脅威が、新型インフルエンザに代表される新興再...(続きを読む)

【愛知】褥瘡ゼロを目指す!褥瘡予防対策セミナー
今池ガスビル会議室 名古屋市千種区今池1-8-8開催日:2016-02-07

講義とデモンストレーションで学ぶ、褥瘡発生ゼロへの対策! 本セミナーは、 講義とデモンストレーション(体位別体圧チェック・介助時のずれ力・ポジショニング、介助動作等の解説)を組み合わせたプログラムとなっており...(続きを読む)

【山梨】第33回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会
甲府富士屋ホテル 山梨県甲府市湯村3-2-30開催日:2016-02-19~2016-02-20

テーマは 「次世代に繋ぐストーマ・排泄ケア ―小児から成人、教育から臨床、臨床から地域へ―」 この三十三年間で築き上げられた知識・技術・技能ばかりでなく、哲学となるものを次世代に繋いでいく使命があることを痛...(続きを読む)

【京都】呼吸器・循環器に強くなる! 「一般病棟における 重症患者の全身管理と看護セミナー」
京都私学会館 会議室 京都市下京区室町通高辻上ル山王町561開催日:2016-02-20

~急変・重症化した患者の、中・長期的な対応と管理のポイント~ 一般病棟で管理が必要な急変・重症化患者に対し、限られた人員や設備のなかで、何に注意しながら看護していくか。 「心不全・呼吸不全」を中心に、諸症状...(続きを読む)

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト