1. ホーム
  2. コラム
  3. 輸液のルート管理について
専門家Q&A

輸液のルート管理について

投稿日:2013.08.08

ご質問

点滴のボトルから20滴用の輸液セットを使用中60滴用の輸液セットへに変更になった際、
20滴用輸液セットをボトルから抜かずにルートを2回結び刺入部側を切った状態でつり下
げているのですがボトルから抜かない方がいいのでしょうか。担当者に聞くとゴム栓から
ポタポタ垂れるのでこちらの方がいいといわれました。どちらが良いのか教えて下さい。

※ナースの星編集部が代行して質問しております。

専門家の見解

質問者の方の疑問のように、輸液セットの差し直しのほうが良いのではと思います。
どちらが良いのか、科学的な根拠を示して断言するのが難しい問題ですね。

考えられる問題点は

>抜かずにルートを2回結び刺入部側を切った状態でつり下げ
 ・複数のルートがぶらさがっていることでの見た目の悪さ
 ・誤注入(混注含む)、誤接続の危険性
 ・切断部の細菌汚染と逆行性に輸液本体が汚染される危険性

>前のルートを抜去して新しいルートを穿刺
 ・抜去した穴から輸液剤が漏れる


昔はよく輸液剤の漏れを眼にしましたが、最近はどうでしょう?
金属針ではコアリングといってゴム栓部分が削れて液漏れを起こしやすくなる可能性がありますが、

最近のプラスチック針ではこの危険性は少なくなっています。
輸液や輸液ルートを製造しているメーカーに問い合わせてみましたが、

穿刺用の指定部位を用いていれば、1-2回の穿刺でコアリング→液漏れが起こる可能性は
ほとんどないということでした。


ただし、下記のURLの資料にあるように、垂直に穿刺する、針を回さないといった注意が必要です。

注射・輸液の基本用語 - 船橋市立病院 医療安全管理室
http://www.mmc.funabashi.chiba.jp/safety/files/6_9.pdf


輸液製剤協議会 コアリング防止策について
http://yueki.com/am/measure1.html



以上の点から、質問者の方の疑問のように、輸液セットの差し直しのほうが良いのではと思います。

また、実際に差し替えたときに液漏れがおきているかどうかを確認してみてください。
もし、液漏れがおきているようなら、輸液ルートのメーカーに相談してみることをお勧めします。

こちらの記事は、会員のスキルアップを支援するものであり、患者の病状改善および問題解決について保証するものではありません。
また、専門家Q&Aにより得られる知識はあくまで回答専門家の見解であり、医療行為となる診療行為、診断および投薬指導ではございません。
職務に生かす場合は職場の上長や患者の主治医に必ず相談し許可を取ってから実践するようお願いいたします。
専門家Q&Aを通じて得た知識を職務に活かす場合、患者のの心身の状態が悪化した場合でも、当社は一切責任を負いません。
本サイト内に掲載された情報の正確性および質については万全を期すものの、常に全ての場合に有効とは限らず、また、本サービスの利用の結果、万が一会員が不利益を被ったとしても、当社は当該不利益について一切の責任を負わないものとします。

このコンテンツをご覧いただくにはログインが必要です。

会員登録(無料)がお済みでない方は、新規会員登録をお願いします。