ナースマガジン ナースマガジン

ナースマガジン

ナースマガジン

第16回 被災透析患者の避難

透析ケア投稿日時-(2016-03-07)透析看護の基本のキ!透析用語解説さん

透析は電力と水が不可欠な治療のため、地震による被害によって復旧が見込めない場合、連携病院や患者が事前に探しておいた施設への被災患者受け入れを要請します。

患者には最終透析の経過記録や透析条件や禁忌薬・緊急連絡先などを記載した透析患者カードと、お薬手帳・定期薬の残薬を避難先施設へ持参してもらいます。
それをもとに透析条件を決定します。

患者自身でも最新のドライウエイトや禁忌薬を把握するよう、日頃から指導をしておく必要があります。
また、交通機関の回復や受け入れ施設の確保に、日数を要する場合も想定されます。
透析不足による溢水症状や高カリウム血症・アシドーシスなど生命危機に直結する症状を回避しなくてはなりません。

日頃から食事・水分コントロールをし、非常時薬として血清カリウム除去薬や降圧薬・下剤を常備しておくことも災害対策として必要な指導内容となります。

編集部オススメTOPICS! 透析ケアに関する最新情報を毎月配信 コヴィディエンメールマガジン読者募集中!!透析ケアの疑問解決!現場で活かせるQ&A・透析情報誌「Vascular Access News」

会員登録はこちらから

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト