専門家

廣町 佐智子さんのコラム

廣町 佐智子さん

  • その他
廣町 佐智子さん
日本 看護研究 支援センター 所長・主任研究指導者

プロフィール
日本看護研究支援センター所長・主任研究指導者
株式会社医教 看護師国家試験対策委員

臨床看護師の研究指導を得意としています。研究初心者でも目標を学会発表や雑誌投稿レベルに設定し、面接指導やメール指導で論文の完成を支援しています。
また、看護基礎教育への関心も高く、看護学生の学習支援についても日々研究・実践を重ねています。
経歴
1999年 東洋大学大学院 文学研究科教育学専攻修了 教育学修士
1992年 群馬大学 医学部保健学科 助手
1999年 横浜市立大学 医学部看護学科 講師
2007年 神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部看護学科 准教授
第22回 論文の作成 廣町佐智子先生の看護研究の進め方
(投稿日-2012/10/24)
研究計画書は、研究論文の前半部分に相当し、もう書き上がってしまっている部分です。そこでここでは、後半部分の書き方について解説したいと思います。Ⅰ.研究方法の記述 研究方法は、研究計画段階では、まだ「計画」でしかありませんでしたが、研究が終わった今は、もう過去のことになっています。そこで、「研究計画」を実際にどのように行ったのか過去形で書き直します。Ⅱ.結果の記述 まず一次集計で出した結果をここ...
第21回 データの収集:質的分析2 廣町佐智子先生の看護研究の進め方
(投稿日-2012/10/19)
今回は質的分析の方法を具体的に解説します。1研究方法に関するアイディアをもつ 調べるといっても、最初はあいまいなところからのスタートです。それでも、どんな対象者からどんな方法で情報収集をしたらいいのかできるだけ綿密に計画します。 研究方法としては非構造化、半構造化の観察法や面接法がとられることが多いです(詳しくは「第6回:研究計画作成②」をご参照下さい。)2データの収集 はじめは少数の対象者か...
第20回 データの分析:質的分析1 廣町佐智子先生の看護研究の進め方
(投稿日-2012/10/10)
Ⅰ.質的分析の特徴 質的分析とは、話し言葉や書き言葉、絵や写真、映画やビデオ、音楽など数量によって客観的に評価することが難しいデータ(質的データ)を分析することです。分析を行うのは統計ソフトではなく、研究者自身の主観であることも特徴です。 Ⅱ.質的分析の対象 質的分析は、統計ソフトを使わないという手軽さから、現在、ちょっとしたブームになっています。しかし、質的分析は手間ひまがかかるので、質問紙調査...
第19回 量的分析2 廣町佐智子先生の看護研究の進め方
(投稿日-2012/10/05)
第5回「研究計画作成①」で、「研究は何を明らかにしたい内容によって、4つのパターンに分けられる」ことを説明しました。そして、「はじめに」の最後の部分に「シメ」として、「研究で何を明らかにしたいのかを明確に記述する必要性」について説明しました。ここでは、初心に立ち返り、自分が明らかにしたいことをしっかりと念頭に置きながら、二次集計(研究の目的に沿った分析)をしていくことになります。また、二次集計...
ケースレポートの書き方6 「はじめに」を書いて、仕上げる
(投稿日-2012/09/27)
さて、ケースレポートの作成もいよいよ最終段階に入ってきました。もうひと頑張りですね。今回は、「はじめに」を書き、全体の文章の流れがスムーズにしていく方法について解説します。1)「はじめに」を書く「はじめに」は、「このケースレポートにはこんなことが書いてありますよ」と紹介する部分です。論文やケースレポートは、映画や小説の冒頭のように、「さあ、結論はどうなるか・・・それは読んでのお楽しみ」というよう...

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト