専門家

ナースの星編集部さんのコラム

ナースの星編集部さん

  • その他
  • 透析ケア
  • 透析ケア
ナースの星編集部
メディバンクス

ナースの星編集部が参加した学会のレポートをします!

プロフィール
経歴
ニュートリション・ジャーナル NUTRITION JOURNAL " 理解なき支援が「溝」を生む" Vol.05_その1
(投稿日-2020/02/17)
在宅での経管栄養「栄養療法」を見直す かつて「管をつけての退院は無理」と思われていた経管栄養患者も、今や自宅や施設での療養は珍しいことではなくなった。 今回行われた在宅経管栄養患者についての実態調査(以下、本調査)※では、地域に不足している管理栄養士・栄養士に代わり、訪問看護師らが様々な工夫を凝らしながら経管栄養管理に対応していることがわかった。現場スタッフへの取材を通して浮かび上がった、地域...
ニュートリション・ジャーナル NUTRITION JOURNAL " 理解なき支援が「溝」を生む" Vol.05_その2
(投稿日-2020/02/17)
栄養療法の意義 そもそも栄養療法とは、個々の病態や状況に合わせた適切な栄養管理により、栄養状態や身体機能の改善、体力・免疫力のアップを図り、疾患治療を有効に行うための支持療法である。 個々の状況に適切な栄養療法を実施することにより、患者の全身状態の改善、トラブル予防による患者・家族の負担軽減が実現でき、「ときどき入院、ほぼ在宅」を目指す在宅療養を強力にバックアップするはずだ。消化器疾患や摂食...
ニュートリション・ジャーナル NUTRITION JOURNAL " 理解なき支援が「溝」を生む" Vol.05_その3
(投稿日-2020/02/17)
栄養ケアの視点に基づくサポートを 有限会社ヒロ薬品 大西 由夏 管理栄養士 病院勤務時代から栄養管理の重要性を周囲に呼びかけていますが、3年前からは在宅訪問栄養指導にも力を入れ活動しています。経管栄養・経口摂取のどちらでも、病院で指導された栄養管理の内容が自宅でも正しく継続できているのか、必要な栄養量が確保されているのか、不足している栄養素は何か、経管栄養に伴う困りごと...
ナースの星編集部PickUp【これからのナースに求められるケアの質とは?】コストマネジメントの視点より
(投稿日-2019/12/26)
     経管栄養患者における 排便コントロールとコストマネジメント 便秘について、薬の量の調整、浣腸や摘便について介助者はもちろん、要介護者にも負担となりえます。具体的な数値として計れない負担を視野に入れ、排便コントロールをすることは重要です。下痢、便秘も含めて便の状態はまず看護師が発見します。さらに処置も看護師が行います。 このことについて医師に報告するだけでなく、どうすれば改善できるかと...
患者・同僚・管理者に好かれる デキるナースになる【エバースマイルを使った誤嚥対策のポイント】
(投稿日-2019/11/12)
食事や水分補給の際にとろみ剤を使用することは、患者の誤嚥対策に欠かせません。 しかし、適切なとろみ剤の調整を行うためには、多くの時間が費やされてしまいます。 今回、周南記念病院の栄養科科長の江村初恵さんをはじめ食事や栄養に関わりの深い仕事をされているみなさんにお話を伺い、誤嚥対策のポイントを考え、エバースマイルとろみ付き飲料の導入による費用対効果の試算を行いました。 取材先施設データ 施設...

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト