専門家

ナースの星編集部さんのコラム

ナースの星編集部さん

  • その他
  • 透析ケア
  • 透析ケア
ナースの星編集部
メディバンクス

ナースの星編集部が参加した学会のレポートをします!

プロフィール
経歴
セミナー・イベントレポート 第15回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会
(投稿日-2018/08/24)
第15回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会 日時:平成30年7月27日~28日    会場:大宮ソニックシティ 会長:前川 武雄 先生(自治医科大学皮膚科学講座) 28日の学術集会の前日に行われたプレコングレスセミナーを紹介する。   褥瘡に関わる全ての人へのメッセージ ●過去・現在・そして未来へ紡ぐ創傷診療 安部 正敏 先生(札幌皮膚科クリニック) 江戸時代には創傷治療薬として当時の名外科...
ニュートリション・ジャーナル NUTRITION JOURNAL " 理解なき支援が「溝」を生む" Vol.03_その4
(投稿日-2018/05/02)
入居者の摂食嚥下機能に適した栄養補助食品を選ぶには?! サ高住の入居者の低栄養が心配なとき、「スマイルケア食」を入居者や家族に紹介してはいかがでしょう。栄養不足を対象とした青マーク、噛むことに問題がある方を対象とした黄マーク、飲み込みに問題がある方を対象とした赤マークに分類されていて、さらにそれぞれのレベルを数字で表わしています。 食品に表示されたマークを見て、個人の状態、レベルに合った食品...
ニュートリション・ジャーナル NUTRITION JOURNAL " 理解なき支援が「溝」を生む" Vol.03_その3
(投稿日-2018/05/01)
低栄養の「発見・予防」をアセスメントの両輪に サービス付き高齢者住宅を対象とした今回の調査は極めて意義のあるもので、私たちに多くの情報を提供してくれました。 老いと疾患が日常生活の重要課題になっている高齢者が、その解決策にできるだけ近いところで暮らしたいと思うのは当然であり、核家族化の結果としてこのタイプの施設が受け皿となっているのはとてもわかりやすいと思います。 高齢者住まい法に基づいて、...
ニュートリション・ジャーナル NUTRITION JOURNAL " 理解なき支援が「溝」を生む" Vol.03_その2
(投稿日-2018/04/30)
「4割以上の施設が、食形態に不安・疑問」 訪問看護師"かくれ低栄養"の存在を認識 ニュートリションジャーナルvol.2で紹介したわたなベクリニックと提携し、サ高住を訪問する看護師の疋田節子さんにサ高住入居者についての印象を尋ねた。 「嚥下状態不良、食事量低下、体重減少などの症状が明らかではない"かくれ低栄養"も含め、低栄養状態の方は多い印象です。 食事量の低下を招きやすい疾病(表1)はあるのですが、高...
ニュートリション・ジャーナル NUTRITION JOURNAL " 理解なき支援が「溝」を生む" Vol.03_その1
(投稿日-2018/04/27)
増えるサ高住、食事の実態は? 近年、建築が急激に進んでいるサービス付き高齢者住宅(以下、サ高住)は、生活に不安を持つ一人暮らし高齢者の住まいの主流になるといわれている。 一方、しばしば問題とされる高齢者の低栄養や嚥下障害への対応は、医療的ケアや看取りの問題も絡み、介護スタッフの不安や悩みの要因になることも多い。 高齢者の楽しみともいえる「食事」を安全に提供するための取り組み実態を、調査結果※を...

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト