専門家

専門家プロフィール

野村 好美さん

  • 褥瘡ケア
野村 好美さん
日本医科大学武蔵小杉病院  主任看護師  皮膚・排泄ケア認定看護師

現在、褥瘡管理者の専従として、様々な分野の医療スタッフとともに褥瘡の予防・治療、院内状況の把握、ケア指導などを行っています。病院・施設の方だけでなく、様々な環境で治療をお受けになる方々に、現場に沿った最適なケアが提供できるよう、皆様と一緒に考え、お伝えしていきたいと思います。

プロフィール
日本医科大学武蔵小杉病院にて勤務している看護師。
専門分野である皮膚・排泄ケアを通じ、褥瘡を有することで苦しんでおられる患者様の生きる意欲や、
その人らしい生活を取り戻すため、皮膚・排泄ケア認定看護師として活躍中
経歴
1991年 日本医科大学看護専門学校 卒業
1991年 日本医科大学武蔵小杉病院 勤務
2003年 明治学院大学社会学部社会学科 学士取得
2006年 日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程「皮膚・排泄ケア学科」 卒業
2006年 皮膚・排泄ケア認定看護師資格 取得
2008年 日本医科大学武蔵小杉病院 褥瘡管理者専従

現在に至る

【所属学会】
日本創傷・オストミー・失禁管理学会、日本褥瘡学会、日本創傷治癒学会
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会、日本下肢救済・足病学会 所属

■野村先生のインタビュー記事■
http://www.nurse-star.jp/colum/detail/62
  • この専門家をお気に入りに追加
  • この専門家に質問する

野村 好美さんのQ&A

褥瘡ケアで困っています。
はじめて質問させていだきます。 大転子に褥瘡のある患者さんが転院してきました。その方は転院前の病院で、褥瘡治療のためにヨードホルムガ...
(めぐさん 投稿日時-2015/12/31 11:24)
お答えします。
大転子の褥瘡は、深くなりやすく、腱や骨が露出しやすいのでケアに難渋します。 ご質問の中にあるように、今の状態では、感染・炎症の制御を目標にケアをしていくことが重要です。 まず、必要なことは壊死組織の除去です。全身状態を評価し、外科的なデブリードマ...

(投稿日時-2016/03/01 10:09)

全てのQ&Aを見る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト