セミナー情報

セミナー詳細

高次機能障害と摂食・嚥下障害【関西看護ケア研究会】

2011/08/07東京都:プラザ・フォレスト 6階

※口から食べる可能性を求めて -その意義と対応を考える-

プログラム
  ・ 摂食・嚥下障害に関係する高次脳機能障害について
  ・ 認知症の人に起こりやすい摂食・嚥下障害の原因
    認知障害によるもの 周辺症状によるもの
  ・ 嚥下のメカニズムを知る
  ・ 誤嚥性肺炎を起こさないために
  ・ 食事介助の方法を考える:安全な介助
  ・ リスクマネージメント

  【演習】検査法と症状のとらえ方(グループ演習)
  【実技】認知症の人への具体的な摂食・嚥下アプローチ、Kスプーンを用いた介助法
  【質疑応答】

  *実習を行いますので、各自、普段お使いのスプーンと手鏡をお持ち下さい



 参加特典
   ただ今、参加者全員にKスプーン(定価\735)1本プレゼント!(当日、実習にて使用いたします)
   ※Kスプーン とは?= 嚥下障害のある患者さんに適したスプーンです(小島先生と(株)コラボの共同開発


 講師


長谷川 賢一 先生
小島 千枝子 先生 東北文化学園大学 医療福祉学部
リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻
聖隷クリストファー大学
リハビリテーション学部 言語聴覚学科

このセミナーをお気に入りに追加
ジャンル選択へ戻る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト