セミナー情報

セミナー詳細

【東京】【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】 イメージできる! 理解につながる!【リハビリテーション】症例から学ぶ 摂食・嚥下障害の知識【メディカ出版】

2013/05/18建築会館 1階ホール 東京都港区芝5丁目26番20号

~より安全で効果的なケアを実践するためのノウハウを学びましょう!~

9:30~17:15  受講料18,000円 
昼食(お弁当をご用意いたします)

●○●熊倉先生からのメッセージ●○●
 高齢化の進む中で噛むこと、食べること、飲み込むことの問題を抱える患者さんの数が増加しています。
 医療機関、福祉施設、在宅などの現場で、問題は複雑化しており、その対応に頭を悩ませている看護職は多いものと推測されます。
 言語聴覚士の数がようやく2万名を越えたとはいえ、まだまだ不足しているのが現状です。
看護職として摂食・嚥下障害をどう理解し、評価・訓練を含め、どう対応すべきか、リハスタッフとの役割分担をどうすべきかなどの問題で困っていませんか?
 今回は、言語聴覚士、歯科衛生士、看護師それぞれの立場から、事例紹介を通じてアプローチの方法を具体的に解説します。
 明日からの看護業務に役に立つヒントを得られるものと確信しております。

皆様のご参加をお待ちしております。

プランナー・講師 
熊倉 勇美
(川崎医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科教授)

このセミナーをお気に入りに追加
ジャンル選択へ戻る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト