セミナー情報

セミナー詳細

【東京】医薬品安全管理教育セミナー2016春季 (第3回)【国際医療リスクマネージメント学会】

2016/05/21~2016/05/22東京大学法文1号館25番講堂 文京区本郷 7-3-1

--医薬品の有害作用とリスク対策 --

目的:  医薬品の重篤有害作用関連する最新知識を提供する。

参加費
・日本医療安全学会員もしくは国際医療リスクマネージメント学会員 1万3千円
・医療従事者 1万9千円
・医療従事者 1万9千円
・医薬品製造・輸入・販売業者、その他 4万9千円

定員 700名
※本セミナーは両日参加者のみ申し込めます。残席20名を切った時点でホームページに公知します。

プログラム

2016 年 5 月 21 日(土)午後
・午後 1 時~午後 1 時 50 分
「腎機能低下患者に対して保険薬局薬剤師のできること・やるべきこと」
竹内 裕紀 (東京薬科大学医療実務薬学教室准教授)
・午後 2 時~午後 4 時 パネルディスカッション
「病院内医薬品安全管理の実際と課題」

2016 年 5 月 22 日(日)
・午前 9 時~午 9 時 50 分
「 HIV 治療における薬剤師の対応」
田中 博之 (東邦大学薬学部実践医療薬学研究室講師)
・午前 10 時~午 10 時 50 分
「 医薬品の適応外使用・疾病禁忌薬管理の問題と適正管理を考える」
木村 利美 (東京女子医科大学病院 薬剤部長)
・午前 11 時~午 12 時
「保健薬局薬剤師がおこなうリスクマネジメント-ヒトの認知機能からの解析も含めて-」
菅野 敦之 (明治薬科 大学臨床薬学部門/地域医療学研究室 准教授)
・午後 1 時~午後 3 時 パネルディスカッション
「在宅医療における医薬品安全管理での薬局の現状と今後のあり方」

後援 日本医療安全学会

★お問い合わせは
国際医療リスクマネージメント学会本部 第1オフィス 
(TEL/FAX) 03-3817-6770

このセミナーをお気に入りに追加
ジャンル選択へ戻る

会員登録はこちらから

質問する

Q&A カテゴリー

  • 透析ケア
  • 口腔ケア
  • フットケア
  • 感染管理
  • 胃瘻(PEG)ケア
  • 褥瘡ケア
  • 認知症ケア
  • 摂食・嚥下障害者ケア
  • その他

西山順博先生のWEB動画セミナー カテーテル・漏れ・スキントラブル PEGのアセスメントと対応実務を症例画像つきで解説!

照林社セミナー
アンフィニBooks
訪問看護支援協会
照林社
ビデオ・パック・ニッポン
ラフィネ採用
モバイルサイト